スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    最近だめやなあ

    0

      きょえー気がついたら1ヶ月以上更新なし。
      そりゃ読者もいないわな。。

      でもね、なんかだめなんだ。
      ブログ書きかけるんだけど、途中で赤子が泣いたり、 読み返すと、「何が言いたいの?これ」
      と思って結局破棄。
      小説家が何度も原稿用紙を書いてはぐちゃぐちゃにして、
      ポイっとするような事が続いてる。

      なんでだかね、、結局のところ、私は気分屋だから 気分がのらなきゃしかたないのさ。 のらりくらりと人生の軸もブレブレで生きてるの、私。

      先日テレビで、青森かどこかの透視ができるおばちゃんが言ってた。
      「気づき」が大切。
      「幸せになるためには気づくこと」
      「気づけばもっと幸せになれる」
      分かる人にしか分からないような言葉ではある。
      私にも何となくしか分からない。

      でも、思うに、自分の欠点とか、自分の知らないことに気がつくと 違った視野でまた生きていける、それは自分にとって刺激であり、 楽しくもあること・・と、そういうところから それを「幸せにいきること」って言う意味でいってんじゃないのかな。
      たぶんだけど。

      で、私も最近いろいろ怒ったり、むかついたり、
      凹んだり、焦ったり、ストレスを感じたときには
      自分に「気づく」ことができればそういう気分にならないのかなと、 思い直したりしてみた。
      ま、別にイライラしてもむかついても引きずらなきゃいいだけなんだけど。 そういうの考えるのが嫌いじゃないので最近ちょっとそういうことを 考えてみたってわけなのだ。

      ・・なんだなんだ、このブログ。
      結局何がいいたいのかわからんじゃぁないか・・
      でも今日は破棄せずこのまま公開にしちゃえ。

      また明日から平日かあ・・。
      今一番したいこと・・・ゆったりとお茶しながら 本読んだり、温泉つかって景色みたり、太陽を感じて木の匂い嗅ぎながら昼寝したりしたいなぁ。


      ネットショッピング

      0

        チビ太二人の生活で、最近平日の外出がままならない。 そんなこんなのストレスもあって、ネットショッピング付いてる今日この頃。 どーでもいいですよ♪って感じだけど、一応書いてみる。

        ●アマゾン
        気になっていたベストセラー本買ってみた

        CCBパリ
        前から気になっていたんだけど、誕生月で おまけいっぱいだったので化粧品買ってみた。

        マイブック
        両親へと自分達用、出産記念写真集を作ってみた。 なかなかいいかも。また機会あったら作ろう。

        母乳パッド
        布の母乳パッドが欲しかったので、これかってみた。 夜はこれだけだと漏れちゃうので、昼間、紙と併用。 なかなか気持ちいい。

        お赤飯
        これも両親用、内祝いの品。 オリジナルメッセージが入れられて、価格も手ごろってことで 贈るにはいい品だったかも。(もらうほうはどうか分からんけど)

        ヨシケイ
        食材宅配サービス。 楽するために1週間やってみた。ママ友から聞いていた通り、確かに楽だ。 いわゆる出来合いの品とか、冷凍ものではなく、 その材料と家にある調味料で調理するので、 私にとっては性に合ってるかも。 メニューブック見ながら、食材さえ揃ってれば自分で作れるような ものもあるから料理の参考にはなるかな。 純粋に宅配される材料だけみたら「これでこの価格?」と、 割高に感じるけど、楽だから毎月1週間分くらいは頼んでもいいかなー。 そのくらい楽してもええやろ。

        桐箱
        へその緒をくれない病院だったんだけど、助産師さんの親切で 取れたへその緒をもらえた。が、箱がないので注文してみた。 送料のほうが高かったけど、安かったし、かわいい形だったので・・。 到着待ち。

        ドイツの塗り薬
        早速新生児にオムツかぶれをさせてしまった私。。 (夜中オムツあんまり替えないからだろう、きっと。。ごめんよ) 自分の手湿疹とか、手術痕なんかにも効果あるかなーとおもって 思い切って取り寄せてみた。今日届いた。 よかったらホメオパシーのレメディとか授乳ブレンドも 買ってみようかなー。

        次に狙うもの
        ・骨盤矯正のガードル
        どれがいいのやら、検討中。 いい加減、体型が戻らず、体重さえ戻らず、やばい。 お宮参りの洋服ないぜーーー。
        ・生協
        スーパーが近くにあるというのに、なかなか買いにいかれない日々。 以前やったときは結局割高で買うものなくてすぐやめちゃったけど、 今ならやる価値あるかも。安い店が近くにあったとしても、 なにせ二人つれて買出しいくの大変なんだもの。。 週末のまとめ買いもいいけど、貴重な週末の時間がもったいない気がするので、 大変だと思う間はやってもいいかなー。

        やっぱりこういう状況になってしまうと、 ネットで買い物ができたり、家にいながらにして、食材が届いたり、 足を運ばなくても用事が足せるというのはありがたいわ。

        財布を・・忘れて・・陽気な♪

        0

          検診でお友達に付き合ってもらって初めて チビ二人を連れて外に出た。 面倒だったから行きも帰りもタクシー使ったけど、 以前お友達にもらったリング無しスリング、 王子のときにはもう重くて2,3度、ほんのちょっとしか 使えなかったけど今度は重宝しそうだぞ。

          いろいろ、前回の教訓が生かされている感じ。
          頭の向き癖>今回はドーナツ枕使ってる。
          スリング>前は5,6ヶ月目くらいから使い始めたけど
          今回は新生児から。家でも袋に入れれば寝てくれるし、便利だ。
          母乳>前回の苦心の2ヶ月を繰り返さないために、今回は 初日から完全母乳!!

          やっぱり、こうやって少しずつ教訓を生かしていくと 二人目、三人目、と、育児はどんどん楽になっていくのかなー。 いや、でももう出産は怖いから三人目は封印。。

          でもって、おととい、検診後初めて、今度は一人で スリングと徒歩で薬局まで散歩。
          単に歯磨き粉一個買いに行くだけだったんだけど、 有り余る王子のエネルギーを発散する目的も兼ね。
          で、現地で商品もたせてレジに向かう途中・・
          「あ、、財布忘れた」
          と、笑えないサザエさん状態。
          仕方なくそのままトンボ帰り。その日はそれで終わり。
          そして翌日、今度は財布を忘れず、また薬局に繰り出した。
          でも0歳児スリングに1歳児徒歩だと、0才がオッパイ切れで ぐずっても、1歳児がヤダヤダ病を発症して寝そべっても なすすべが無い。スリングじゃ王子抱っこできないし、寝そべっているのを 起こすことだって厳しいかも。そんなギリギリの状態なわけで、 帰ってくるまでドキドキなのだ。
          王子の気を損ねないように、そして、あまり 時間をかけずに用件だけでとっとと帰らねばという焦り。 駅前行くのがやっとかな。

          なんだかんだでやっぱり大変なのよね、二人を一人で育てるってのは。
          いや、本来二人の親に二人の子なんだけど、、 もう相手の存在を頼るとストレス溜まるの、最近。
          だって、仕事忙しくて、出産以来、家族のもとから離れていってしまってる感じ。
          本人は家族のために頑張って仕事してるわけだから、そんな言われ方は 心外だろうけど、残された私からしたらどうしても、 出産したあとは、「じゃっ、あとはよろしく」って去られた 感じがしてしまう。
          家族みんなが不幸になる状況なんだ。
          夫は仕事で疲れて自分の時間がないし、慢性睡眠不足。 私は産後も十分にゆっくりできず、母や友人の手助けはあるけれど、 やっぱり夫に勝る支援はないわけで(「支援」と言う言葉は適切じゃないけど)、 週末も一人で二人育児。王子もなかなか外遊びできず、家に缶詰の 我慢の週末も何度か。
          誰が幸せなわけ?夫があくせく働いたおかげで締め切りにシステムが 間に合って客は満足か?少なくとも私ら家族4人にとっていい状況で無いことは確か。 こんな生活長くは続けたくない。 夫の健康を心配し続けるのもいやだし、(かといって、私自身が 相手の健康気遣ってちゃんと食事の用意できる状況でもなく)、 週休1日で全然気持ちに余裕がない生活もいやだ。

          ってなんだなんだ、陽気なサザエさんネタのはずが、愚痴ブログか。 王子は二歳目前で楽しいネタもあるんだけど、ついつい、夜書くと マイナス思考な文章でだめだな。。


          臨月!

          0

            ついに、臨月。あと1ヶ月。いやしかし、早めに出てきそうな予感(理由なし)。 先週は今流行りのノロウィルスかと思われる夜中の嘔吐で ちょっとびびったけれど、その後は熱も下痢もなく、家族にうつすこともなく 無事にクリスマスを迎えられてよかった。

            臨月になったっつことはこの1週間が過ぎると いつ何が起こってもおかしくないわけで・・、あーこわいこわい。 今回も破水がいいなぁ。 破水だったら前回と同じパターンだからなんとなく進行状況が 予想できるし、最初痛みはないから病院着くくらいまでは余裕があるし。 前回同様に明け方破水して、夫にはその日会社を休んでもらって 一緒に病院へ・・のパターンが一番楽かもしれない。 一番嫌なのは平日の日中、突然陣痛が来ること。 いきなり陣痛が来たらお姑さんに電話して、夫に電話して、病院に電話して・・ 王子もいるし、、その上自分で陣痛間隔測ったりできるだろうか。。

            前回より、しんどさは少ないような気もするけれど、
            王子がいないだけ、前回はやっぱ平和な臨月生活だったなぁ。
            昔のブログ↓
            http://ameblo.jp/take-pea/

            寒い時期だったけど、毎日好きな時間に昼寝して、散歩して、 ハーブティ飲んでゆったりした時間過ごしちゃったり、 足湯してみたり・・一人で体の自由も利かず、 地元に友達もいないし、暇で辛かった・・というのもあるけれど それはそれで平和だった。。

            今回なんて足のだるさを取りたい、ガビガビの足裏も何とかしたい・・ とか思っても、マッサージですら王子がいたら行かれないし・・ お腹張っても休めないしさ。。 って何がいいたいんだか分からなくなってきたけど、 とにかく臨月だと思ったら途端に体がしんどくなってきたわけなのよね(弱音)。 で、さっきジャガー横田と旦那さん、それにまだ新生児の赤ちゃんが 夕方のニュース番組に出てたんだけど、実際にちっちゃい新生児みたら 産後の大変さはあるだろうけど、私も早くマメタに 会いたいなぁと思ってしまった。産後は産後でヘロヘロになるのは分かっているんだが、、お腹大きいのに、王子の風呂いれたり、寝かしつけに抱っこしたりすんのも 疲れてきた。。

            でもさすが、ジャガーさん、タフだよなぁ。高齢出産、しかも初めての出産、24時間以上もかかった お産だったみたいなのに、産後1ヶ月もたたないうちからテレビ出て、、すごいと思っちゃう。私なんて寝不足でヘロヘロになってたよなぁ。。 彼女は見たところ母乳ではなくミルクみたい(?)だし、 夜中ミルク作ったりなんだかんだやってたら、疲れていると思うのに、 いくら高齢とはいっても、やっぱりスポーツマンだし、 もともとの体力が違うのかしら。。私も弱音はいてる場合じゃぁないね、、あと1ヶ月、頑張らねば。


            臨月目前・・二人目の不安

            0

              今週が過ぎれば、いよいよ臨月突入。 前回もこの時期辛かった、、そして今回も辛い。 洗面台で顔を洗うためにちょっとかがむのも苦しいし、 王子を玄関から車に乗せるために抱っこして歩くのも 結構苦しい・・。 今回は便秘もないし、前回より恥骨痛もひどく無い感じだから、 少し楽な気がするけど、王子の世話をしながらの妊婦、という意味では 苦しい。

              そしてあろう事に最近、あまり昼寝しなかったり、 夜の寝かしつけに抱っこをせがむようになり、オマケにたまに夜泣きもする。 座ったまま足を開かせて体面抱っこをすればいいだけなんだけど、 これがまた、マメがムニムニと動いたり、途中でお腹が 張ったりすると苦しい。。 昨日も2時と6時に夜泣きされ、 結局15分程度ずつだけど、起き上がって対面抱っこ。 久々に夜中起きたわ。

              体のしんどさを思うと、早く産んでしまいたい!とは思うけど、 産んだら産んだで、夜中の授乳がどのくらいの頻度か 未知数だし、それに王子の夜泣きも加わったら 寝られないんちゃうの・・。 気兼ねなく頼れるのは夫だけなのに、 育児休暇なんてどうせ取れないんだろうし、 朝から王子の面倒見ないといけないし、 昼間も授乳やらなんやら、実家の母が1週間ほど来てくれるらしいけど、 そのあとは基本的には誰も面倒見てくれないし、昼寝もできず、 夜だって二人分のお風呂、、何時まで拘束されるんだか。。 あ”−想像するだけで、気が重すぎる・・。

              まったくの勝手なカンなんだけど、、 お腹の張り具合とかの感じで、、結構早く生まれそうな気がするんだよね。 予定は1月21日だけど、来月上旬には生まれちゃうかな〜。 いずれにしてももうあと1ヶ月以内にはもう一人増えちゃうわけ?! あんまり実感わかないけど、いろいろ想像すると怖い。。

              出産そのものは怖くない。むしろあの生み出す瞬間の気持ちよさだけが思い出されて、楽しみでもある。今回はカンガルーケアもできるし、へその緒だって切らせてもらえるかもしれないし!!でも今の不安に思うのは退院後、二人のアカンボをかかえた 生活かな。。こんなことを考えるのは、こんな私でも出産を目前に一応精神不安定になっているってことなのかしら。。 一旦産んでしまえば不安だのなんだのって言ってられないだろうけど。。 残り1ヶ月、余り深く考えず、無心で過ごす努力しよっと。


              ろ・・ろくじゅーおく。。

              0

                松坂投手、メジャーへ。
                野球、ほとんど興味ありません、ワタシ。でも、一応社会ニュースなので 興味はあります。交渉が難航していたのも知ってますけども、、 なんなんですか、6年で60億って、、しかも彼は26歳。
                1年10億ももらえるわけ?ってまぢで想像もできない・・。 その10分の1だって、100分の1だって普通の30歳は もらえないよ。 それだけもらえりゃぁいくら税金取られたって、 仮に6年後からずっと収入がゼロだって、一生暮らしていけるっしょ。

                運も努力もあるだろうが、体一つでそれだけ稼げるってすごいよなぁ。 でもさ、ここからはひがみなんだけど、、 交渉が難航した理由、松坂選手側がOKしかねる理由は、 たぶん提示額が少ないっていうことだったわけでしょ。 1年に1億だって、2億だって、本当にメジャーでやりたいんだったら 1年契約で1000万だっていいじゃない? そこで結果を出せばその先のチャンスが開けるわけだし、、、 最初っから一体いくらもらえりゃ満足なんだよ、金の亡者め!!!

                確か、新庄選手がメジャーにいったとき、阪神の高額提示をけって 安い年棒でもメジャーに行きたいっていって飛び出したんじゃなかった?? 野球のことは無知なので、スキルとか経験の差とか、よくわからんけど、 なんか、、彼には好感もてないんだよな。。 (単なるひがみです、はい)

                世界が違う、で片付けたくない、ワタシだって金持ちになりたい! って気持ちはあるけど、現実として、所詮私みたいな貧乏性な人間に それだけお金があったらどうやって使っていいか分からないんだろうなー。
                お金だけじゃない、私の場合、、 時間が欲しいと思っていても、暇すぎると「少し忙しくしたい」 と思ったり、お金が欲しいと思ってもいざお金があれば 「お金じゃなくて時間が欲しい」と思ったり・・何かが満たされれば 満たされていないものが欲しくなり・・っていう風になるのよね。
                だからきっと今年の夫の年棒が10億、、とかいわれても、 「10億じゃなくて夫と過ごす時間が欲しい」とか 思っちゃうのかな〜。なんちって・・今日はきれいにまとめてみました。


                逆つわりな日々

                0

                  最近、体調がやばい。 不調ももちろんあり。前回もあったけど、歩いている途中の突然の 恥骨痛。そして、前回ほどじゃないけど胃痛も少し。 胸焼けも少し(これは食べ物を節制していないから自業自得だろ)。

                  でま、それは覚悟してたことなんだけど、 意外だったのは、臭い。逆つわりとも言いたくなるくらい、 つわりの時期には気持ち悪かっただろう臭いが やたらと気持ちいい。 シンナー系、砂ぼこり、お風呂のお湯の湯気、ソファの皮、 木の家具の臭い、雨の臭い、すべてが気持ちいい。 想像しただけでも気持ちよかったりして、我ながら危ない。 そしてこの数日ハマッタのはお茶っ葉。 濃いお茶をおいしく感じ、わずかに湯のみに残る茶葉がたまらない。 それどころか、茶葉を生で食べたくなって、これがまた 食べると止まらなくなりそうな勢い。。。 やばそうなので、1日5つまみくらいでやめてるんだけど、、 他に快感を感じつつも安心してバクバク食べられる食材はないものか・・。

                  何はともあれ、そんな気休め的快感はあっても、やっぱり体はしんどい。 アー早く産んでしまいたい・・と思いたくなる時期になってきた。 ただ、、「産後は産前よりつらい」という前回の教訓があるので 産みたいような産みたくないような・・。だって もう夜中の授乳がなくなって久しいし、 最近は夜鳴きでたまに起こされただけで朝が辛いんだもの。。 それに、今回は1月で寒い最中の出産で、、夜中何度も起きる生活、 そして昼は王子のお世話も・・。 ゾンビみたいになっちゃいそうで怖いわ・・

                  明日は2週間ぶりの9ヵ月と3週目の検診。 明日も超音波やってくれないらしいから、 別に楽しみなことは何もないんだけど、、せっかくだからこの逆つわり現象、 ちょっと聞いてみよっかな〜。


                  銀座ウィンドウショッピングに思ふ・・

                  0

                    日曜日は元職場の同僚二人と3人で銀座ランチをした。久々に 王子は夫にまかせて朝から夕飯までの間、身軽だった。
                    優雅なコース料理を堪能した後、秋冬物をブラウジング。 店を見た感じでは、 中国製のラビットファーや、先っちょが丸っこくて小さなパンプスが 今年の流行の一つなのかしら。ファッション雑誌も見なくなって久しい今日この頃、 久々に目の保養になったわ。 いやぁしかし、実際のところ、今の時期はすべて定価、買い物したくても 物欲自体は沸かないってもんだ。

                    「自分の収入=すべてお小遣い」だった時代だったら、 買っていたかもしれない。
                    でもこの、「金銭的に不自由な身分」になってからは、物欲を 書き立てる環境に出向くのが辛くて仕方ない。

                    だって「どうせ買えない」し、「どうせ必要ない」んだもーん。 セールだったらたまには「貯金を崩して」とか「夫にもらったお小遣いで」 、買ってもいいかなとは思うけれど、そういう状況だから結局 あまり欲しいと思えなかったりもするんだな。

                    でもでも、それでもたまには銀座みたいなところに行って、 「流行り」物を 見ないといけない気がする。買えなくても、買わなくても、 たまには身近に見ておかないと、っていうのは、私の中のどこかに、 以前の生活を忘れないたくない、という気持ちがあるんだろう。
                    子供も夫もいない独身に戻りたいという意味ではない、 自立した一人の女にまた戻りたい、という気持ちがどこかにあるんだろう、 きっと。
                    ただ、今度戻るときは家庭あっての自立。そこが女にとって難しいところだよな。

                    英語の会でお世話になっているママさんは、 子供ができて自分の環境が大きく変わったのに、またもとの職場に戻ることに、 大きな違和感を感じて起業した、と言っていた。
                    言われてみたら、違和感を感じる自分は容易に想像できる。
                    ある意味、 今この時期に就職せずに、第二子妊娠が発覚してよかったのかもしれない。 私は起業なんて大きなことはできないだろうけれど、 子供を抱えての「自立」の形、どんな職を見つけようか、どんな働き方をしようか、 まだもう少し時間はあるし、いろいろゆっくり考えてみたい。


                    ちっとだけ緊張

                    0

                      来週はいよいよ我が家の夏休み! 今週だけ乗り切れば・・だが、私にはその前に一つだけ試練がある。

                      去年還暦を迎えた母、仲間と一緒に還暦コンサートっつうものを ひらいた。母はバイオリン、お仲間は声楽やチェロなど それぞれの楽器。長年続けているような趣味が無い私には 何でアレ、趣味であり特技があるってのはうらやましいなと思うのだ。 そして、去年のコンサートは還暦の記念だったはずが、、いつしか プチコンサート形式で毎年開こうという話になったらしく、 今年も、それが今度の日曜日なのだ。

                      で、私も何となく、話の流れで1曲目の母の伴奏をすることになり、、 今からどきどきしているわけだ。

                      電子ピアノを買ってリハビリをしているものの、発表会なんぞ、 15年ぶりくらい?!主役じゃないくせに、私ってば ほんっとあがり症だから、舞台で手足震えないだろうか、 用意したドレスのサイズ、あと1週間もってくれるだろうか(爆)、 とか、とにかく日曜が無事に終わらないと夏休みが来ないのだ。

                      練習では特に間違えるポイントもなく、、問題ないとは思うんだけど、 久しぶりに「緊張する」という感覚を思い出している今日この頃。 どうか、無事に終わりますよーに。


                      Morningsickness is finally over!!!

                      0

                        やっと去ってくれたらしい。 もうつわりっぽい感じは無くなった。やっとだ。 妊婦生活本番はこれからなんだけれども、つわりさえ 超えてしまえばとりあえず、これからの3ヶ月ほどは 天国なのだ〜! そしてその先に待っているのはもう一人の天使。 またあのカヨワイ、ふにゃふにゃの、人間になりきっていない アカンボに会える!今度は初めてじゃないし、 モロモロのことはあたふたせずにできるんだろうか、 また違った経験になるのだろうな。 最後の2ヶ月、そして出産はまた怖いけど、 それを楽しみに頑張らねば。

                        さて、、この想定外妊娠で出鼻をくじかれた私の就職活動。 またあと1年半は社会人としての生活はできないわけだけれども、 最近思う。主婦であることに対して、どうして私は これほど不安で不満で悶々とすることが多いのか。 自分自身の収入がない、ということがまず一番。 そして(今更ながらなんだけど)気がついた。 主婦業って、区切りがないのだ。そして評価がない。

                        会社員だったら、何かしらのプロジェクトがあって 始まりには決起会だの、終われば打ち上げだの、 そしてその業績は経済的評価や、社内での評価が 精神的な満足感に反映されて(逆のパターンもありだけど)、 また新たな目標が設定されて・・の繰り返し。 繰り返しだけど、その都度節目節目でケジメががあるし、 何よりも「認められる」可能性、そして常に目標がある。

                        でも今の私の生活、認められて評価されることもなく、 目標もない。しいて言えば、1年半後には社会に戻るぞ!という 目標くらいか・・。これが精神的に「張り」をなくしている 原因なのかも。

                        妊娠出産という「大きなプロジェクト」を遂行中状態では あるものの、日々の生活における「頑張り甲斐」ってのが無いわけよね。 見返りを求めちゃいけないんだけど、頑張って王子と遊んでも、家事を頑張っても、 特に何が変わるわけじゃない。ほめられることもない。 (母親が当たり前に育児して家事して、誰がほめるってな、、) でもやっぱ「ほめて育つ」タイプの私は、やっぱり何か常に認められている感が欲しいわけ。会社でもこういう悶々とした時は、大抵の場合、文句言いながら転職したり、 旅行いって現実逃避したり・・なんだけど、今回ばかりは逃げ道もふさがれたので、、向き合うしかない。

                        で、最近、少しずつ自己満足させる活動を始めようと思って 手始めに育児英語を他のママさんたちと楽しむという会を 開催してみた。 そして、最近お友達になった近所のママさんと、 何か育児サークルもどきができないか、ひそかに考え始めた。 経済的な評価を得ることは難しいけれど、お金よりも まずは精神的メリハリであり、満足感が得られればまず良しと思う。

                        体力的に無理はきかなくなってくるけれど、 何とか精神的な閉塞感から抜け出せるといいな。


                        calendar
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << October 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recent trackback
                        recommend
                        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
                        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
                        薗部 容子
                        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
                        recommend
                        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
                        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
                        五味 常明
                        過剰な気遣いは禁物!
                        でも必要な気遣いはすべし。
                        男の子はある意味とても
                        デリケートなのだっ、という教訓。
                        recommend
                        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
                        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
                        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
                        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
                        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM