<< 小二男児 | main | 「小学生男子のトリセツ」 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    悪党

    0
      「 悪党ー小沢一郎に仕えて」を読んだ。
      図書館で数十人待ち・・。
      レビューに引かれて手に取ったけど、私の感想。「ふぅん」

      この本を読んで小沢一郎の見方が変わったとか、
      この作者も素顔の彼を知ってほしいとの思いから書いたのだろうが、
      やっぱり何を言われようとも、結局は権力者なだけであってリーダーではないんだと思えてしまう。
      今の日本、先行き暗いこの日本を築いてきた数十年の間、政治の中枢に身をおいた人物・・だ。
      やっぱり信用ならない。

      どんなきれい事考えているのか知らないけど、
      所詮はこんな日本にしてきた戦犯の一人じゃないのか。
      っていう固定観念が強すぎたのか、政治について私が素人すぎるせいなのか、
      私にとってはテレビから見て感じる小沢一郎という人物と、
      この本を読んだ人物像とさほど乖離はしていなかったわけで。

      さほどの驚きも発見も無い本でした。
      ただ、非常に読みやすい言葉で、素人でも難なく読める点は好評価!







      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.12 Tuesday
        • -
        • 22:19
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
        薗部 容子
        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
        recommend
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
        五味 常明
        過剰な気遣いは禁物!
        でも必要な気遣いはすべし。
        男の子はある意味とても
        デリケートなのだっ、という教訓。
        recommend
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM