<< 義務教育!タダじゃありません。 | main | 小二の男児 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    原発

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般
       
      ひっさびさ。
      もう消されてるかと思ったら、、変な広告が入れられたりして、
      まだ2年前の記事のまま(笑
      こんな風にゴミブログ処理しないから世界中のサーバーは
      パンクしてどんどんサーバやらデータセンターやら、消費電力が無駄に消費されることになるわけだ。

      ネット上の資源だってやっぱり資源なんだから、更新ないのは
      とっとと消してくれていいのに・・・。と、更新さぼっていたのを言い訳に
      逆切れめいたコメント。

      最近毒を吐き出していないせいか、ちょっといろいろ欲求不満。
      でもここまで三日坊主が続くと、もはやブログを続ける自信もないので
      そこそこに無理せず吐き出していこうかなと。。

      すっかり誰にもROMされてもいないと思うけどこっそり更新してみる。

      最近、これだけはこの場を借りてお勧めしたい。
      「原発ジプシー」
      (アフェリエイトのやり方も忘れてるし、、ただのリンク)

      ノンフィクションライターの人が30年前に30歳位の時に、
      身分を伏せて原発の定期点検現場に乗り込んだ記録。
      壮絶です。
      原発に縁はありませんが、小出しにされるニュースを聞くにつれ、
      現状あまり変わっていないのではないかと推察してしまう。
      以前、東海事故があって、被爆者の人の無くなるまでの病院での記録を
      テレビのドキュメンタリーでみた。
      恐ろしかった。でも汚染水を素手で扱うオペレーションが普通に行われていた、
      というような話だったような気もする。
      「管理がずさん」という事が原因。
      原発は日本に何箇所もある。
      そのすべてで定期点検が必要にもかかわらず、点検口がきちんと設けられていなかったり、
      不便な体制、被爆を防ぐに不十分な装備で作業者の方は点検に当たる。
      それも、東電の社員様ではなく、下請けの下請けの・・日雇いや季節労働者という
      立場の方々がほとんど。
      広島で被爆した人数よりも多くの人数が現在の原発を動かすための作業で
      被爆をしているのではないかといわれている事実。
      こんなむなしい話があるのか。
      なぜこんな状況が許されているのか。
      日本は唯一の被爆国として、「被爆」というものの対しては
      他国より人一倍神経質に、厳格に、慎重に、保守的にならなければならないのではないのか。

      震災後の一連の有事に対する対応のトロさ、無能な政策にも頭にくるが、
      この放射能問題については怒りだけでは済まされない。
      日本国民全体の健康被害、ひいては世界中に被害をもたらす事でもあるのだ。

      電力がここまで消費量を増やせたのは原発のおかげ、といいたいのかもしれないが、
      私は今の日本は電気を使いすぎだと思うし、健康被害や外国に迷惑をかけてまで
      この贅沢な暮らしを維持したいとは思わない。

      数年後、被爆の症状が多数表れたところで、因果関係は認められないと
      国が勝訴するに違いないし、敗訴したところで、血税で保障をしていかなければならないわけで、
      タバコ同様、原発稼動は百害あって一利なし。
      現在も被爆者を政府が裏金使って口封じしている可能性だって否定できない・・

      って恐ろしいな。。
      今も、どれだけの食材が汚染されているのか、わかったもんじゃない。
      でも私たちはそんなに簡単に移住だの国外逃亡だのってできないわけで、
      一生懸命声を荒げて、現状の生活が安心して送れるような環境を
      維持してもらえるようどこかに訴えるしかないのだ。
      食材だって近場で買わざるを得ないし、子供だって外で遊ばせるし、
      被爆するかもしれないと思っていたって、この場で日常を送らざるを得ないわけで、
      その辺がジレンマだ。。

      でも、とりあえず、何はともあれ、
      日本に住む者として、
      「地震や津波で放射性物質が拡散する可能性がゼロではない」のであれば
      原発稼動はどうしてもやめていただきたい!!と思う。









      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.12 Tuesday
        • -
        • 22:36
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
        薗部 容子
        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
        recommend
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
        五味 常明
        過剰な気遣いは禁物!
        でも必要な気遣いはすべし。
        男の子はある意味とても
        デリケートなのだっ、という教訓。
        recommend
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM