<< 結局のところ、ストレス弱者なんだな。 | main | 義務教育!タダじゃありません。 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    入学前診断

    0
      またまた滞ってしまった。
      ネタがないわけじゃないんだけど、ついつい・・。

      ブログ休職中、月日は流れ・・来年の長男小学校入学に向け
      「入学前健康診断」というものが実施されるとのことで、来年の入学時の親が召集された。
      おお、ついにきたか!と、ちょっとわくわく。
      簡単な面接みたいなもので知能も計られるんだろうか、、とか、
      どんな子がどんくらい同級生になるんだろうか、とか、
      年中で幼稚園と保育園に別れてしまった一昨年までのお友達との再会とか
      ちょっと楽しみだった。

      反面、憤りもある。(っていうかそっちのほうが大きいから書いているんだけど)
      なぜ、こういう催しは平日の真昼間なのか。
      妊娠中の母親学級しかり、どうも「母親=主婦=平日は暇」
      という前提に基づいている気がしてならない。
      保育園や学童保育の申し込みは市役所主催だけど、4日間くらい設けられていて、
      週末も含まれている。
      当然、働いている人を想定してのこと。
      役所の職員および保育所の先生たちはもちろん休日出社だろうけど、
      保育所の利用者(いってみればお客様)は働いていることが前提だから
      週末も含めざるを得ないだろう。当然のことだ。
      いまどき免許の更新だって、万人を対象にした役所サービスは大抵
      郵送なり、週末の対応は当たり前だ。

      でも、小学校の行事は平日なのだ。
      日本国籍を持つ子供すべてが受けることができる義務教育、
      その説明会が月曜日の真昼間、しかもその1日にすべての親の
      都合を調整させる、この傲慢さ。

      「子供の日常をよく知る人物が同伴せよ」と指定があったので、
      子供に同伴した保護者は9割がた母親だ。
      が、何をしたかといえば、受付後、親子は離れ離れに。
      子供は上級生が健康診断に連れて行き、
      母親はその場に残り、
      2月にある説明会およびそのときに購入が必要な学用品リストの配布、
      および県の子育てアドバイザーの1時間程度の講義。

      That's it!
      え”?!
      月曜の真昼間、よびだしておいて、紙配るのと講義1時間、ってそれだけ?!
      子供の面接も無し?へ?

      紙は郵送で配布にするなり、検診は身近な指定医院で受けさせるとか、
      いろいろな保護者がいるということに対してもう少し配慮がないものか。
      そしてまた2月の平日に召集され、入学式に向けての説明会と
      学用品購入会が開催されるとのこと。
      これもその日1日だけ。
      もう・・これもそうだよ、説明会だったら2日位予備日を設けてほしい。
      文具の購入だって、・・・
      と、これについては次のネタにて。





      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.12 Tuesday
        • -
        • 22:01
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
        薗部 容子
        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
        recommend
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
        五味 常明
        過剰な気遣いは禁物!
        でも必要な気遣いはすべし。
        男の子はある意味とても
        デリケートなのだっ、という教訓。
        recommend
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM