<< おめでと〜 | main | 都心の桜は葉が出て散り始め・・ >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    4月1日伝説

    0
      今日は3月31日、明日から4月でございますよ。

      子供たちも明日から晴れて1つ上の学年に・・
      兄貴はこれから保育所最後の1年が始まる・・去年の4月1日はさんざんだったなぁ。
      案の定うちの家族では伝説となった出来事。

      待機児童が過去最高となっているらしいが、我が家も例外じゃない。
      長男が0歳児で入所を断られ、1歳児の間は待機かと思いきや、結局妊娠してしまったので
      弟の育児が落ち着いた2歳児と4歳児で再び入所依申込、やっと去年の4月に保育所に入所できた。
      少し遠くてもいいから2人同じ保育所に入れられるところを
      優先して欲しい、と第五希望まで希望を出したのに、希望はかなえられず、
      結局うちからは間逆の保育所二つに分かれてしまった。そして今年度もまた
      別々のまま・・。
      本題ではないけれど、愚痴。
      待機は最大1年まで、として1年間の間に何とか対策を打てないものなのかよ、、
      まったく、、納税者に市民に失礼なサービス精神だっ!

      で、愚痴はさておき、去年の4月1日は晴れて2人別々の入所式となったわけだが、
      ママの体は一つ、しかもバリバリ平日。。ということで、迷った挙句、
      自立しつつある長男は姑さんに連れて行ってもらうことした。
      ところが、、丸4年、自宅保育だった長男、何かを察したのか、
      家を出る時点からぐずりだし、結局引っ張り出して文字通り体をひきずるようにして
      連れて行ってもらった。
      姑さんには少々心苦しかったが、そのまま私は弟とほのぼの入所式を終え、帰宅。
      少しして姑さん帰宅、聞けばぐずって泣いて、入所式には出席できなかったとのこと。
      保育所のホールで待機・・・・。(もちろんそんな子はうちの息子だけ)
      何度かホールに行こうと誘ったのに頑として譲らず、0歳児の部屋でオモチャ遊びをしていたらしい。
      それから1ヶ月は毎朝号泣、先生に無理やり預けて立ち去る日々が続いた。
      そんな長男が、夏ごろから週末でも「先生とこいきたい!」というようになり、
      「まま、遅く迎えに来て!」といってみたり、ずいぶん成長したもんだ。
      そして明日からはいよいよ年長さん。
      年少さんの面倒を見たり、世話したりするらしく(と、先生に言い聞かされているらしく)
      最近は家でも「弟の世話する」と言うようになった。

      4月1日になるたびにこの出来事を思い出すだろう・・
      でも1年、また1年と成長の区切りに4歳の春を思い出すのも悪くないかな。

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.12 Tuesday
        • -
        • 22:09
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        三日坊主の回避に貢献できてよかったわ〜
        それにしても長男くんの成長っぷりに脱帽です、ちょっと涙ぐんだ
        そして、いろいろ思うところあるだろうに淡々とした文字運びに、また、さすがtake-peaさん!と感心しました
        • Kちん
        • 2010/04/02 6:19 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
        薗部 容子
        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
        recommend
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
        五味 常明
        過剰な気遣いは禁物!
        でも必要な気遣いはすべし。
        男の子はある意味とても
        デリケートなのだっ、という教訓。
        recommend
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM