<< そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集) | main | やべ。久しぶりだ。 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    千原ジュニアの14歳

    0
       先日テレビでやっていた千原ジュニアの14歳のときの
      引きこもりのドラマを見た。
      もともとこの人は好きじゃない、目つきが悪いし、
      えらそうにしゃべるし、でも頭はいいんだろうなぁというのは
      なんとなく。
      オーラの泉に出ていたときも何となくそんな感じがした。
      切れたら怖いんだろうなあと思う関西のチンピラみたいだけど
      反面すごく繊細な感じも。

      ドラマだから、所詮100%真実ではないにせよ、
      ちょっとした映画でもいいくらいのできばえで、
      思春期の男の子の難しい面が表現されていて、
      痛々しくもあり、将来の参考にできるかな(!)とか、、、
      今の私はやっぱり親目線から見てしまった。

      ある程度大きく構えて成長を見守ることが必要なのかなとも
      思うけど、引きこもってろくにしゃべることもしない息子、
      パジャマのまま何日も過ごされたら
      心配せざるをえないよなぁ。
      千原ジュニアの場合には
      結局兄貴が救い出してくれたような結果になっていたけど、
      15歳で吉本に入ってメキメキと頭角を現して
      1流の芸人になったという結果を見れば、
      14歳での引きこもり経験は必要な通過点だったんだろうなあと思える。

      でも、うちの息子が14歳にして自室でタバコもうもうとふかして
      落書きしたり、壁に穴開けたりして過ごしていたら、、
      親としては毎日心配で胃に穴があきそうだ。。
      でも子供目線から考えたら
      そういう時期ってあるのはおかしくないなぁとも思う。

      この時期、いろんな事件もおきたりするし、
      特に男の子、親子それぞれにとって難しい時期であることには間違いなさそうだ。

      「人とちょっと違う成長路線をたどっているだけ、
      もうちょっとまってお父さん、お母さん」という心の叫び、
      私だったらうまくくみ取ってあげられるだろうか。う〜ん。。
      知らず知らず、人と同じ成長を・・・と大人の型で子供の成長を
      見ている自分、常に広い視野で大きな心で見守ってやらないとな。
      同時に、男兄弟2人、刺激しあって、助け合って
      乗り越えていってもらえたらいいな〜。

      久々にみたいいドラマだった。

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.12 Tuesday
        • -
        • 15:42
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        私も見た〜。
        私はジュニアがけっこう好きなのだけど、逆に芸人としてこれを公開しちゃうとなんとなく興ざめしちゃうところはあったかも。
        でも、14歳の彼の心の叫びはすごーくわかったなあ。
        私もひきこもりはしなかったけど、同じころにすごく反抗したんだよね。
        でもやっぱり親目線で見るとたまらないよね。
        じゃあどうすりゃいいわけ?と思うよね。
        最低限衣食住を確保してあげて、ほうっておくのが一番なのかなあ。

        キャンコは「こんなの追い出すよ」と言ってたけどね、、、。

        あーこわいなあ、思春期の息子たち。
        • おまめ
        • 2009/03/15 10:19 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
        薗部 容子
        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
        recommend
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
        五味 常明
        過剰な気遣いは禁物!
        でも必要な気遣いはすべし。
        男の子はある意味とても
        デリケートなのだっ、という教訓。
        recommend
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM