<< ぼくのくれよん (講談社の創作絵本) | main | 残業NGの壁 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ぼちぼち活動開始

    0
      ボチボチ、お盆も終わり、第二次就職活動でも始めようかなと思う。
      履歴書、職務経歴書をひっぱりだし、
      人材バンクを探して登録。

      最近の人材バンクは登録に出向かなくても、
      電話面接をしてくれるらしく、便利だ。
      しかし、今回の条件、兄貴が1才だった2年前よりさらに厳しい。
      私の年齢、ブランクの長さ、子供二人連れであるハンディ、ノー残業、ノー出張、
      勤務地は自宅から1時間以内・・・これだけそろったら
      ワクワクするような求人はまず紹介されないだろう。。。。

      でも、人は「誰かのために」と思うとやる気になる、
      自分のためより人のため、と思ったほうが力を発揮できる、
      という持論で言えば、今回は家族のため、子供のため、だから
      多少満足しない仕事でも続けられるのではないか、、とかすかな期待。
      就職にはリスクもある、この3年、完全な分業が成り立っていたのが
      私が仕事を持つことで、夫にとっては家事や育児の負担率を高めることになるし、
      私自身も今以上に自分の時間もなく、体力的にもしんどいだろう。
      子供もしかり。
      経済的には少しは潤うだろうが、精神的、体力的リスクに見合うと
      感じられるかどうかは分からない。
      「そこまでして・・」
      一旦専業主婦になると、そこまでして・・職を諦める空気が蔓延している。

      確かに専業主婦で何とか生活が回っている限りはそう思うのは自然だろう。
      でも、そうやって職をあきらめたら、
      女性を社会から遠ざけようとする
      男社会にしてやられている気がするのが一つ。
      3年のブランクでだんだんと専業主婦生活に適応してきてしまっている
      自分が怖いというのが一つ。
      奨学金の返済もあるし、いずれ社会復帰しなければならないのなら、
      年齢的にはやっぱり今年がリミット。

      今の自分へのカツ!
      1.今までの職歴で培った「プライド」を捨てないと、
      恐らく凹みすぎて精神的にやられるだろうから、
      新卒で就職するような謙虚さを持って望むべし。
      2.今後30年、新たな自分のキャリアを築くための
      スキルの開発を検討すること。

      専業主婦の再就職、恐らく、、、、憤りをたくさん感じると思われる。
      この場を文句のはけ口にして、、、何とか乗り切れたらいいな・・。

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.12 Tuesday
        • -
        • 21:51
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        うおー!
        すごい意志の強さと気迫が感じられる
        軽々しく、がんばって!とか言いたくないんだけど、
        応援してるよん
        うん、たくさんグチってグチって
        ブログに文句書いたりしてると、タイピングって結構ストレス発散になるよね
        • Kちん
        • 2008/08/20 6:29 PM
        ありがと〜、文面の通り、さっそく凹みはじめたり
        憤り始めたり・・・この場をもって
        たまには愚痴きいてけろ〜。
        • take-pea
        • 2008/08/21 8:13 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
        薗部 容子
        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
        recommend
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
        五味 常明
        過剰な気遣いは禁物!
        でも必要な気遣いはすべし。
        男の子はある意味とても
        デリケートなのだっ、という教訓。
        recommend
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM