<< 自宅保育決定 | main | 虫歯?エナメル形成不全 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    宇宙の中の人間

    0

      朝聞いているラジオでの生物学者が言っていた話。 分子生物学っていったかな、生物をミクロの世界までたどって 研究するという学問らしいのだが、 研究によって可能性も見えてくるが、できないことがはっきりして 諦めの気持ちになる学問なんだそうだ。

      人間は宇宙の法則に従って生きているわけで、 それにはどう頑張っても逆らえないということ。 たとえば、人間というのは最初から完璧には生まれてこない。 最初から完璧なものを作ってしまうと 環境の変化などに柔軟に対応できないから、 遊びの部分を作っておく必要があり、そして変化し続けながら 均衡の状態に近づいていく。 小さい子が風邪をひきながら免疫をつけていく、というような 事もそういうことらしい。 ・・そんな話だと私は理解した。

      確かに、均衡がとれて成長や変化が止まってしまったとき、 細胞は死に向かい、人も死ぬ。 死ぬことは避けられないし、時間も戻せない。 これだけはいくら人間がどう発達しても変えられない事実。

      偶然、夜のニュース番組でも、世界経済について、 均衡が取れた状態というのは長く続かないわけで、 (均衡が取れていたら経済は発展しない) 常に動き続ける必要がある、それに追いついていかないと・・ というような話をしていた。

      結局のところ・・・っていうのを考えると、 日常の悩みなんてちっぽけに感じることが多々ある。

      あれもこれもしたいし、いろいろ欲しいのに、お金ないな〜、なんてのもそう。 所詮お金はあったらあったで「時間がないなぁ」とか別の悩みもでてくるわけで、 人間は次々とパーフェクトを求めて悩み行動していくものなんだろう、 って思えば、今の状態にもさほどカリカリしないで済む・・かな。結局のところ、 ちっぽけな悩みが一つ解決したところで、またそれは時間とともに 不均衡になり、またその不均衡で悩む・・その繰り返しなんだ、人生は。

      どんな状態であっても、人間は変化を求める、変化を求めて行動する、 不均衡を均衡状態にもっていこうと思いながら過ごしていくというのが 人生であり、均衡状態に到達して、変化を望まなくなったり、行動することを やめてしまったら、それは近く生命の営みを止めるというときなんじゃないか。 だから悩みはあって当たり前で、時間とともに生活の形態や、もろもろ、 よくも悪くも変化はあって当然。 おごれるものは久しからず、人生山あり谷あり、 オーラーの泉でも言っていたな、そういえば。

      小さく煮詰まったときには、大きな宇宙の法則の中で生きている自分、 っていうのを改めて考えると悩みやイライラは解消するような気がして、、 そんな気分で書いてみた。

      こんなこと書きながらも、今日は息子の裸のお尻を ひっぱたいて
      「いだぃ〜」
      とおお泣きさせてしまった私なのでした・・。反省。


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.12 Tuesday
        • -
        • 21:45
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        最近、ひとりが多いせいか、
        変なことで悩んで、変な方向にすすんでいるわたし。。
        なんだか、楽になりました。
        ありがと。
        • Kちん
        • 2007/10/26 11:57 AM
        >Kちん
        久々のコメントありがと!
        私もこんな記事書きながらも
        くだらないことで悩む事ばかりだけどさぁ・・
        気楽にいきましょう、できる限りね。
        話違うけど、最近さ、トーマスの声の人、よくテレビで見るんだけど、、似てるな〜って、、昔Kちんが言っていたの、よく分かったよ。
        似てるっ!

        • take-pea
        • 2007/10/30 10:29 PM
        ん?トーマスの声?
        誰に似てるの?
        ・・・ごめん、全然忘れてる
        てか、トーマスの声も忘れてる。。。

        と、かなり間があいてコメントしてしまいました、
        ごみーん
        • Kちん
        • 2007/11/19 9:25 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
        薗部 容子
        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
        recommend
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
        五味 常明
        過剰な気遣いは禁物!
        でも必要な気遣いはすべし。
        男の子はある意味とても
        デリケートなのだっ、という教訓。
        recommend
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM