<< 保育園か幼稚園か | main | ステロイドにホメオパシーに馬油に紫雲膏 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    子連れ向けっていう施設

    0

      この夏の旅行は軽井沢と伊東にそれぞれ一泊。

      軽井沢はトレイラー型宿泊施設で、夜はバーベキューしようと 張り切っていったら大雨、、(どうやらうちの長男が雨男らしい) やむなく室内で焼肉をして・・という夜になってしまったのだが、 伊東ではたまには楽しようと、「子連れ宿」というものに 初挑戦してみた。

      いや、「挑戦」するほどのことは何もないのだけれど、 「子連れ」って言葉にはだまされないぞ、と思って敬遠していたのだ。 だって以前書いたけど、「子連れカフェ」なんて 子連れに優しいと思いきや、なーんか足元見られてる感じがするし、 子連れ宿だっていかにも「子連れ」にやさしい振りして、実際はアメニティがちょっと 充実してるくらいで料理もしょぼいし、別にどうってことないのでは?! と思っていた。

      今回泊まったのはM倶楽部という宿。 まだ新しいプチホテルという感じのところ。 シャボテン公園の目の前、結構部屋数も多く、満室に近い感じだった。

      端的に言うと、感想は「まぁ、良かったと思うんだけど・・ なんかうーん、、心を感じられなかったというか、、 人に勧めても良いような気もするけど、なんかイマイチだった感が 否めない」という微妙な感じ。

      何でだか良く分からない、予約のときからそうだったんだけど、 なんかねぇ、もてなしの心を感じないのよ。

      設備は揃っているし、料理はかなり満足させてもらった。 料理についてはほんと、期待してなかっただけに、かなり満足だったかな。 子供がはだしで歩いても安全で清潔な床、部屋の設備もシンプルすぎるほど シンプルでズリバイのチビにも危険はほとんどなかった (しいて言えばベッドが高かった)。 食堂のプレイルームだって狭いながらも、ガラス窓になっているから、幼稚園児くらいだったら食事の間に遊ばせる場所としてはちょうどいいかもしれない。 お風呂場も乳児向けのオムツ替え台があったり、バスチェアも お風呂のオモチャもあったから、いつもはチビを外で待たせて お風呂しなきゃいけないけど、家族4人ではいることができた。 この辺は一般の宿ではなかなか整わない点かしらね。

      で、マイナス面。心を感じなかった点。
      まず、チェックイン時、私たちがドアを開けても ロビーに居たスタッフの人が棒立ちで、私達が靴を脱いで 受付に歩いていくまで挨拶も何もなかった、子供にも笑顔無し。
      夕飯に行くと年齢にあわせた椅子が用意されていたのだが、 うちは「0歳と2才」ということで、 0歳向け=テーブルにくっつける自転車の前カゴみたいな椅子 (テーブルチェアっていうらしいけど)が用意されていた。 でもチビはまだ腰が据わってない。
      「腰すわってなくても大丈夫なんですか?」と聞くと、
      「はい?!?!?!」
      みたいな返事。
      私の質問の意図が分かっていなかった模様。
      「0歳=テーブルチェア」だったのかもしれないけど、 0歳児ってのは月例によって事情が大きく異なるわけで、 「はい、大丈夫ですよ」と二つ返事で言ってくれない限りは、 こっちとしてもその椅子は使えない。
      結局持参したバンボに座らせることに。
      っていうか、そんなの「子連れ」には常識的なことなんだけど、 そのあたりに「気配り」が感じられなかったのよねぇ。
      なんつうか、機械的、ビジネスライクに設備は整っていたんだけど、 それらを提供する際の姿勢、「ようこそいらっしゃいました」 というよりは、「うちの宿、子連れにはありがたいでしょう、 空きがあれば泊まらせてあげるよ」みたいな、、 ひねくれてるかもしれないけど、そんな印象を受けてしまったのよね。 今回の宿、設備についてはほとんど不満はなかった様な気がするだけに、、 結局、、大事なのは人から受ける印象なんだな。。

      先ごろ、マックが子連れファミリーをターゲットにしたカフェをオープン したらしいけど(当然、利用圏内にはありませんが)、 メニューとか設備とか、どうなんでしょう。 スタバとかエクセルシオールがターゲット外にしている客層、 ということで参入したと報じられていたけど、 既存のキッズカフェにぜひとも対抗してほしいなあ。 マックなんかが本気になれば簡単に勝てちゃう気もするけど(爆

      休日の子連れファミリー、平日の子連れ母子、まだまだ いろんなところに需要はある様な気がするし、 ぜひいろんな業者がサービスを充実させてくれたらいいな。


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.12 Tuesday
        • -
        • 23:11
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        なるほどねー。。
        ってーか、すごいよ、その分析力。
        そして「子連れ」基準に施設を探すその行動力!
        あたしなんて未だに子連れカフェにさえいったことなーい。
        なんといってもほんと、圏内にないのよね。
        こないだるるぶの練馬編をみてたら偶然近所に
        子連れカフェがあることが判明したんだけど
        今度一緒に行ってみる?
        実は子供預けて自分だけ美味しいご飯を食べるっていう感覚に
        多少の罪悪感を感じたりするのでした。
        まったくもって余計な感覚よね。
        でも一緒に行けたら心強いかもー。

        それにしてもいつも社会に対して物申したい姿勢には
        頭が下がるわ。。
        子連れ施設自分で作っちゃったら??
        いやマジで素質を感じるわぁ。
        • Ichan
        • 2007/09/02 12:55 AM
        >Ichan
        子連れって特別視されることに嫌悪感を
        感じていたけど、やっぱり便利には違いないよ。
        近所に子連れカフェあったの?
        得てして食事はまずいところが多いけれど
        そこはどうだろうね。
        ためしに行ってみる?
        Ichanはえらい!!私なんて今は
        保育の機会あればいつでも喜んで預けちゃうよ。
        2歳半を目の前に、、すでに疲れたよ(笑
        • take-pea
        • 2007/09/07 10:47 AM
        遅くなったけど、再び・・・

        子連れカフェいこいこー!
        もう少し調べて場所確認しておくよ。
        なんか個人でやってる感じでまずそうではなかったけどどうだろうね。

        2学期ははーちゃんが遅便だからお迎え3時なの。
        少し余裕あるから是非2学期中に実行しましょー。
        またメールすんね。
        • Ichan
        • 2007/09/08 12:07 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
        薗部 容子
        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
        recommend
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
        五味 常明
        過剰な気遣いは禁物!
        でも必要な気遣いはすべし。
        男の子はある意味とても
        デリケートなのだっ、という教訓。
        recommend
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM