<< すげー今更なんだけどな | main | 「営利」の影に失ったものを取り戻す >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ヌノオム・・紙おむつの功罪

    0

      二人目、また湿疹が出てきた。
      体全体・・と心配していたけれど、ここ最近、 足のカサカサはなく、背中はつるっつるでキレイ、 風呂上りに胸部にジンマシン状の赤いぽつぽつがでるのと、 顔と耳。
      なんとなーくだけど、私が乳製品を取る日は悪化しているような・・。



      ちょっと控えてみようかなと思っている。
      そして、もう一つやってみようと思っていること・・布オムツ。
      何で今更そんな手間を・・とも思うけど、 今、ママ友とのホットな話題、布ナプ。
      そんな話をしていると、「紙おむつ」という詐欺商品(!) がこの小さくてかけがえの無い私の大切な赤子にどう 影響しているかわからない、末恐ろしい気がしてきたのだ。 確かに「紙」が使われている時代もあったらしいが、 今は紙なんて使わず、もやすとダイオキシンを発生させる 合成樹脂(つまり石油製品)でできているというのに、 未だ「紙」という言葉を改めようとしない、業界の陰謀。 そんな製品を陰部に装着し、尿やウンチで蒸れた状態を 放置しておいたら何がどう体に影響しているか分からないのだ。



      「経皮毒」という言葉、今更ながら思い出し、 腕に比べて42倍も毒を吸収してしまう陰部、ここに 石油製品を絶えず身に着けていること、体に「良い」訳は無い。
      湿疹の原因になっているとは断定できないけれど、 少し控えてみる価値はあると思った。



      しかし、「紙おむつ(使い捨てオムツ)」と健康被害、って 結構検索したけど、全然情報がない。 アメリカでは健康被害が報告されているとも聞く。
      が、日本では??
      オムツだけじゃない、生理用ナプキンや母乳パッドも同じ、 こまめに変えれば本当に害はないのかもしれないけれど、 婦人病の原因とも言われている。
      オムツなんて夜泣かなくなったらワザワザ取り替えないっしょ、 つけっぱなしでしょ、それが2,3年続いたら・・ 環境ホルモンとか、いろいろ影響ないんでしょかねぇ。 企業の利益確保のため、なんだか隠蔽されているような気がして ならないんだけど、影響が無いわけはないんじゃないか。 不自然さを感じるほど、健康被害の情報が検索できなかった。
      (疑い深い・・)



      全員が影響を受けるほどではないにせよ・・・
      自分の子には影響があるかも・・
      と思ったらやっぱり怖い。



      そりゃぁ便利だよ、「紙おむつ」。
      夜だって付けっぱなしですよ、最近は1時ごろ取り替えるようにしたけど、 新生児期から夜は6,7時間は付けっぱなし、蒸れっぱなし。 でも布団汚れないし、便利だもの。 ・・でもその副作用がこの湿疹、まだ断定はできないけれど もしかしたらアトピーを引き起こしているかも、と思ったら 私が今かける手間なんてなんのその、と思えてくる。 期間限定で寝不足になったっていいじゃないか、と。 でも、、ちょっと勇気いるので、「紙」の逃げ道も残しつつ。

      そして、ごちゃごちゃと調べているうちに、だんだんと本気になってきたのだ。 今日はお友達に借りたものと沐浴布でやってみたけど、 なんとなく、いけそうな予感。
      なかなか始めるまで何をそろえたらいいのやら、よく分からなかったけど、 要は排泄物をキャッチできればいいわけで、 ま、布を当ててカバーすれば言いだけの話よね。 汚れたらクエン酸につけて・・とかなんとか、って 準備しようと思うと面倒だけど、要は汚れたら洗えばいいわけよね。 時間には余裕があるからどうにでもなるか、試行錯誤でやってみよう。

      兄貴のもついでに早くトイレトレやりたいなぁ・・ 早く梅雨おわれ!


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.12 Tuesday
        • -
        • 22:40
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ふたたびママです。本気になったんですね〜!紙おむつ確かに良くはないと思います。布オムツの内側にオムツライナーっていう薄いやわらかい紙が薬局などで売っていた気がします。新生児のうんちくらいの物体はそこに残って水分だけ布に吸われるから敷いておくとつまんで捨てれば布オムツが洗濯しやすいし、オムツ用洗剤(液体)が売ってるのでそれをバケツに薄く溶いて、使ったらポイっと入れておくと匂いも少なく色は取れるし良かったですよ。石鹸みたいな匂いが強いからまた良くないかも知れないけど後ですすげばいいですしね!楽しんでくださ〜い(^^)。布は確かに良いですからね〜。
        • ママ
        • 2007/06/12 6:49 PM
        ママさん、コメントありがとうございます!
        なかなか色をとるのが面倒そうな感じしましたけど、
        オムツ用洗剤なら色取れましたか、、試してみようかな〜
        またぜひ行き詰ったらいろいろ教えてくださいね〜。
        • take-pea
        • 2007/06/12 8:54 PM
        とってもお久しぶりです。

        布オムツはじめは、わからないことだらけですけど、はじめてしまうと意外に楽しい布オムツ生活になると思いま〜す。

        紙おむつの被害、私もすっごく興味ありです。
        英語だと色々出てくるけど、どうなんでしょうか?
        隠蔽なのかどうか、気になるところです。
        けど、色々な被害もしホントだったら怖いですね。

        そして布オムツで肌の調子よくなると良いですね。
        がんばってください。
        陰部の吸収、腕の42倍って数字でてんのか!!!

        ならば会でも情報として提供する勇気が出てきたわ〜


        使い捨ての逃げ道は、残して置こうって賢いと思います。
        便利さといろいろなものを引き換えに生活してるよね。
        すでに今の文明や生活習慣の中で暮らしているから、
        すべてをすっぱり切り替えると、無理が出る部分もあるかな…
        布オムツに関してはあんまりないか…
        梅雨に入ったらしいし、疲れて洗濯お休みのときは、使い捨てを使うとかでも良いように感じるわ。

        粉ミルクも企業の利益優先が見えていやだったけど
        「何で紙おむつっていうか知ってますか〜」
        「環境ホルモンって知ってますか〜」
        …それは経済・利益・スピード最重視の世の中だからです…って感じたよ。
        • ろーずばど
        • 2007/06/15 10:40 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        育児日記 ☆ 引き出し
        この前までは引き出しをあける事できなかったのに気が付くと引き出しをかえてるではないですか!!!台所に引き出しがあるんですがそこをこ引っ張って中の物を掘り出して遊んでる(はぁ)それだけならまだしも子供手をつめそうになって大慌て!離しても、離しても引き出
        • 育児日記 高齢出産静香ママの育児ブログ
        • 2007/06/15 5:56 PM
        紙おむつへの思い
        パンパースはお高いからあまり買わないけれど、吸収がよくてすぐにさらっとするので、頻繁におむつ替えができない外出時や睡眠中の専用として買ってみました。他社のおむつよりもコンパクトと言われるので、赤ちゃんの体型によってサイズを考えなくちゃいけないけれど^
        • おむつの1日
        • 2007/06/19 4:06 AM
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        • -
        • 2007/08/07 11:06 AM
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
        薗部 容子
        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
        recommend
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
        五味 常明
        過剰な気遣いは禁物!
        でも必要な気遣いはすべし。
        男の子はある意味とても
        デリケートなのだっ、という教訓。
        recommend
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM