<< いやぁうつくしい | main | 保育園見学 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    不採用だとぉ、ゴラ>越谷市

    0

      今日、越谷市から保育所の不採用通知が届いた。
      「希望の保育園の定員に空きが無いため」
      だと、よくもぬけぬけと。

      空きが無いのは誰のせいですか?
      役所の怠慢ではないんですか?
      ただでさえ、待機児童がたくさんいるというのに、 保育所の空きを増やす努力してるんですか?
      保育園の敷地を広げる、場合によっては児童館の1室を間借りするとか、 空いている公民館を利用するとか、いくらだってできるでしょう。
      保母さんを募集したりすることだって すぐできるでしょう?
      どうせそのうち子供は減るんだから、 この待機児童ブームが過ぎるまで 「仕方ない」で済まそうとしていませんか??

      一方で問い合わせをした24時間営業の保育園。 これから見学に行かなければいけないと思っているけど、 電話で問い合わせた限りでは定員は設けていないらしく、
      「預けるところがないなら預かりますよ」
      といってくれている。 前を通ってみたら小さな保育園だったけど、 バシバシ待機児童が押し寄せたらパンクしないんだろうか。。 でも、24時間営業ということは夜中もやむなく預けざるを得ない ママさん(パパさん)の子供も預かっているのだろう。 っつか、そういうのは公立でやるべきなんじゃないの? 公立保育園なんて、役所同様に夜も土日もやってませんじゃ、何ナノそれ? って感じじゃない?世の中そんな「普通」の公務員みたいな シフトで働いている人ばっかりじゃないんだよ、分かっているのか?

      何度も言うけど、
      小学校に定員は設けているんですか?
      小学校に入れない子がいたら大問題でしょうに。 どうして保育園児は大問題にならないんでしょうかね。 保育園は「義務教育」じゃないから官が面倒みる義務もないっていう 考え方なの?本来は「親が面倒みるべき」だから?

      そういうことやっているから女性の社会復帰ができず、 ただでさえ落ち込む一方の労働力が減り、 国の税収入が減り、医療費や年金もまかなえず、という困った 状況になってるんじゃないのか?

      もともと育児休暇中じゃない私が採用される可能性は低かったけどさ、 なんだか実際に「待機」を突きつけられると 本当に頭に来るものだ。。

      はぁ。ついついいろいろ書いてしまったけど、 もちろん、就職活動はやめないぞー。


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.12 Tuesday
        • -
        • 21:00
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        そーだ!そーだ!言ってやれ〜!!
        頭に来るぞー!

        希望の保育所へ入れなかったときは異議申し立てしましょう、というのがあるそうですよ。
        http://www.geocities.co.jp/SweetHome/2499/index.html

        小学校には定員がないのに・・・まさにその通りです。
        • buco
        • 2006/03/02 9:13 PM
        おおお、そうなんだ。
        こんなサイトがあるんだ。
        なんか、やっぱり、、今のニッポン、
        子育てってものを軽視されている風潮は否めませんよね。

        こうやってやっぱりみんなが声を
        あげていかないといけないんですよね、少しずつ女の力で世の中をかえましょう!!(選挙演説風)
        • take-pea
        • 2006/03/07 4:13 PM
        通りがかりの不承諾ママです!
        たしかに小学校に待機はない!!ぐっとえぐられました(u_u)お互いに頑張りましょう!
        • かな
        • 2013/02/11 8:54 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
        薗部 容子
        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
        recommend
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
        五味 常明
        過剰な気遣いは禁物!
        でも必要な気遣いはすべし。
        男の子はある意味とても
        デリケートなのだっ、という教訓。
        recommend
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM