<< 初めてのちっち@デパート | main | おっぱいっ子の会 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    育児と家事の両立

    0

      マイホーム検討といい、仕事のことといい、 深刻なネタが多いな最近。。 私も妊娠出産のバタバタから、少しずつまた 心が現実に戻ってきたってことだろう。

      久々に本屋で立ち読みしたら ベネッセから仕事と育児の両立を応援する本が 発行されていた。 ぱらぱらと都合のいいところだけ読んでみた。 実際に仕事と育児を両立されているママさんの 1日のスケジュールやら、便利レシピやら。

      で、インターネットブラウズしてたら、 ちょっと古いけどこんな記事を今更ながら見つけた。 http://www.asahi.com/job/special/TKY200510180276.html

      思うこと。
      勤務時間についてはやっぱり9:00-17:00ではなく、 退勤時間は意外と16時とか、早い時間のママさんが 多いみたい?! それにしてもそこから子供を寝かせるまでは 大忙し。どうしても子供の就寝時間は21時を回って しまうし、23時なんて例もあった。

      無理もないよね、仕事して子供引き取って 買い物、食事の用意、お風呂・・なんだかんだって そりゃ遅くなっちゃうよ。 子供一人でもそうだろうし、二人以上いたらなおさら。

      自分のため、家計の事情、私も子供を理由に 働くのを制限されるのは嫌だ。また働きたいと思う。 だけど、小学校に上がる前の子を1日の大半 他人に預けて、就寝時間も遅くなり、 親にとっても子供にとっても、子育てが辛いものに なってない?! 今お役人が検討している「子育て支援」って 本当にそういう現状を踏まえたものになっているのか? 毎月の手当金支給額を増やしたり、延長したりっていうのは 最優先支援策じゃないことは明らかだよね。

      ママは朝も子供の世話やら自分の身支度で大変。 そして仕事だって残業することはできないし、 常に保育所のお迎え時間を気にしながら 帰ってこなければいけない。夕方から子供を寝かせるまでも てんてこ舞い。それでもパパさんは 子供を理由に早く帰ってきたりしないわけで・・。 ママじゃないと寝付かない、ママじゃないと・・ っていうさまざまな理由もあるだろうけど、 やっぱりパパには「子供の世話をするから早く帰らねば」 ってそこまでの意識はないよね。

      家計のことを考えたって、やっぱりどちらか一人は 確実に収入を確保しておきたい、っていうこともあるし、 大抵の夫婦だったら女性がいろいろな制約を 受けることを選択するだろう。

      うちだって本当なら夫だって育児休暇とって 育児に専念する期間が欲しいだろう。けど、 そもそも小さな会社で、一人一人が会社の 収益を気にしながら頑張っている会社なのに、 育児休暇をとることについて、 自分の抜けることによる会社の損益が気にならないわけがない。 自分が抜けることで会社が損益をこうむったら 戻る椅子の保証だってない。

      で、結局、肉体的に「子育ての大変さ」のを全て 請け負うのは女性よね。 男性は?何か子供ができると生活が変わる?? 金銭面でのプレッシャーはあるだろうけど たいていの男性にとっては、 せいぜい夜ぐっすり眠れなくなる、 家の中が騒々しくなる、くらいのものじゃない?

      男性を非難しているわけじゃない、 女性は制約はあるけど子育てに専念する時間を 無条件に与えられる、それはすばらしいこと。 私だってノイローゼになりそうなこともあったけど、 やっぱり王子と二人で過ごす子育て生活は たくさんの楽しさ、幸せを感じる事ができているし、 それは何にも変えがたい今しか持てない、 子供を授からなかったら持てなかった貴重な時間だと 思ってる。

      言いたいことは、男女の格差についての男性への非難じゃない。 子供を持つとその後、女性が経済力を復活させることが 非常に困難であるということ。 子供を生むことで、制約を受けることが多すぎる、 ということ。

      まぁこの社会を悲観してても始まらないんだけど、 少子高齢化社会って、、明るい将来が見えなくって くらーい感じするよね。。。


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.12 Tuesday
        • -
        • 18:55
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        第一子の復職の際は、フルタイム復帰でした。
        通勤も1時間20分。お迎えを含めると1時間30分はかかり帰宅は、20時、20時30分ってことも。
        それから夕食、おふろ、でママは相当つかれました。おふろは朝シャワーってこともありました。
        今、育休中だけど意外に4時にお迎えの子って多い。フルタイムで働いている人って少ないのねと感じています。
        何が子育て支援か?周りは随分騒いでいるけど、保育所入所や、ファミリーサポートだけじゃなく、働き続ける&安心して子育てに時間を創れる環境創りやってほしいなあ。意識改革も含めて。
        • あやてこ
        • 2005/11/17 6:08 AM
        「たいへんだよね〜」
        とぼやくだけだった「働く女を取り巻く環境」
        まさに、目の前に迫ってきてしまいました。
        両立を実践しているままサン達には
        本当に頭が下がります。

        制度だけじゃないんですよね。意識改革は
        本当に大事です。
        やけにおもーくふかーい問題ですけど
        机上の空論ばかりではなくて現実を見た上で
        着実に進めていって欲しい物ですね。
        新しいブルードレスの大臣に期待(爆)。
        • take-pea
        • 2005/11/17 12:35 PM
        久し振りです。
        その雑誌が欲しいね、今日帰りは買おう★

        仕事が復帰してから、朝はまるで戦争みたいです。
        育児しながら家事と仕事は両方とも大変だと思います。
        私は職場が近いので、通勤は楽かなと思って、家事も夫協力してもらってます。
        大変だろうと思いますけど、お互いに頑張りましょう〜〜


        • hiro mama
        • 2005/11/18 3:23 PM
        こんばんは。
        育児と家事の両立ってホント大変そうですよね。
        私も来年から仕事復帰する予定なのですが、ほんとにそれでいいか悩みまくっています。
        仕事はしたいけど、子育ては今しかできない。
        けど仕事を一旦辞めるとフルタイムでの仕事に就ける保証はない。
        しかも、take-peaさんがおっしゃるとおり、ママが仕事をする以上いくらパパに協力してもらったとしてもママが苦労するのは目に見えてるし、まわりから非難されるのもママだし。(子供がかわいそう、子供がいるから残業のある仕事ができないetc...)
        hiro mamaさん、
        こんにちは。日に1度の離乳食でさえ
        満足に作れない日もあるというのに、
        仕事しながら本当に生活できるのか、
        私もかなり不安です。

        通勤時間などできうる限り
        短縮せざるをえないですよね。

        すぅーたんママさん、
        そうそう、「預けられちゃってかわいそう」
        という言葉が一番グサっときますよね。
        同じ悩みを持つ女性が多いのに、
        解決される希望が見えない、というのが
        なんだかいやですね。。。
        • take-pea
        • 2005/11/21 10:37 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        【補稿】子育ては自助で頑張れ!
        「子育ては自助で頑張れ!」に「通りすがり」さんからいただいたコメントは、この手の議論のときに、よく話題に上る内容です。これについて、僕の見解を明らかにしておきたいと思います。  少子化==経済的問題というのは、疑問なんですけどね...どうでしょう。 経
        • ◆木偶の妄言◆
        • 2006/02/01 10:06 AM
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
        薗部 容子
        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
        recommend
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
        五味 常明
        過剰な気遣いは禁物!
        でも必要な気遣いはすべし。
        男の子はある意味とても
        デリケートなのだっ、という教訓。
        recommend
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM