スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    派遣会社に登録その2、そして正社員

    0
      2社目の派遣会社に登録へ。
      登録だからどうということはないんだけど
      結局、派遣会社なので「また時期が近づいたらご紹介しますので
      それまではWebで自由に検索して見てみてください」
      というような感じ。
      大手だけあってきれいなオフィス、広告宣伝費もかけてるし、
      人材集めるのも大変だなぁ。
      またここでも「派遣社員としての心得」みたいなお決まりのビデオも見せられた。
      所要時間2時間。
      全員一律に同じことするんじゃなくて、
      履歴書みてこういうのは割愛してくれないものかしらね。

      ただ、、OAスキルチェックでは
      「Office系は日常で使っていた」と面接でも胸張っておきながら
      久々にテストされたらぼろぼろ。Wordは50点しかとれず。。
      エクセルは満点だったけど、パワポもちょっと怪しい。
      パソコンスキルなんて体で覚えるものじゃないし。
      何となくは使えても現役の頃に比べたら
      やっぱり雲泥の差。
      英語とパソコンは使わないとだめだなと痛感。
      タイピングだけは今でも日常的にメール打ってるせいか、
      結構な速度だったみたいで、こちらは一安心。
      結局、履歴書や職務経歴ではこういう偽りがあるから
      スキルチェックは割愛できないのかしらね(笑

      さて、派遣会社の登録はさておき、
      裏では正社員の求人にいくつか応募した。
      先日の記事の通り、自分の中では優先順位を確認したところで、
      活動を始めて1ヶ月あまり、やっと応募すべき求人というのがはっきりしてきた。
      自分のやりたいこと、職歴、職務の一貫性や将来性を見込んで・・
      いろいろとストーリーは作れるんだけど、結局は就業時間と勤務地が第一。
      近場で未経験でも今後スキルを確立できそうな求人ということで、
      いくつかWebから応募。応募終了しましたの連絡が1社。
      書類を郵送してくれといわれたのが2社。
      そのうち1社が書類を通過したところ。
      あと2社はWeb応募の連絡待ち。

      もしもう一段階進むことができたら今年度中に就職することを
      いよいよ本気で考えないといけない。
      すなわち、弟の預け先。。
      だめもとで公立に応募して、無理の場合は
      庭のない「待機児童向け」の園に4月まで入園させる。
      でもそれもいくつか候補があるので、目処がみえたら見学いかないと、
      ファミリーサポートにも登録しないと。
      安心してるけど、兄貴も万一入れない可能性も考えておかないと・・
      いざ、働き口が決まりかけてきたらきっと忙しくなりそう。
      (精神的にも)

      弟の食事のアレルギーも気になる。
      重症ではないけれど、未だに乳製品はちょっと怪しいし
      入園!となったら診断書かいてもらって
      乳製品だけは除去してもらうのがいいのかなぁ。

      最大優先事項

      0
        前回の記事以降、派遣会社への登録1社、
        正社員への応募3社、再就職支援セミナーへの参加1回、
        何となく就職活動を進めている。

        派遣会社ではビデオを見せられたり、
        タイピングやら一般常識のテストやら、
        Webで面倒な入力を済ませていたにも関わらず、
        やっぱり2時間かかってしまった。
        しかも、派遣会社に求人がはいってくるのは大抵2週間前、
        長くて1ヶ月の猶予があるかないか、ということで、
        今すぐ働けないなら今の求人で応募しても無理ということになる。
        逆に、派遣ならうまくいい求人があれば、
        保育所入れてから1ヶ月以内の就職が可能になるということが分かった。

        でもなお、一応正社員にこだわっている私。
        派遣社員の経験もあるし、そのときに何が嫌だったわけではない、
        でも、今回は、一応今後のことを考えているので、
        派遣だとその後転職したり、そこの会社に就職したり、
        正社員からの転職よりも厳しいんじゃないかって気がする。
        スキルを積む期間なんだと考えれば、どういう契約形態だって
        結局は自分次第、そういう考えもできるんだけども、
        正社員がいいとまだこだわりがあるのは
        「スキルを積む!」という意思がどこまで強いのか、自分に
        自信がイマイチもてていないのかもしれない。

        最近みつけたとらばーゆのサイト。
        ここは女性向け、育児との両立を目差す女性向けに配慮されているので
        求人もそれなりの条件で探せる。
        残業無し、18時までに帰社、とか働くママがいるか、とか。
        高卒でPCが少しいじれる程度、とか、
        表面上は求められているスキルもさほど高くないものが多い。
        ま、でも逆にそういうのは私みたいな年齢の人間は
        とりにくいかもしれない。パソコンがそこそこできる若い女性を
        求めているのに、「今までの経験をいかして、どうのこうの」
        というナマイキな30半ばの女がきた場合、、
        私だったら若くて社会経験が浅い方を選んでしまうかもしれない。

        そうなると、ここでも結構望み薄なのかもなぁ・・
        とマイナス思考はドンドン深みにはまるので、
        とりあえずこれぞと思ったら応募ボタンを押してみることにした。

        職種が多少違っても、近所で働きやすそうで月給がもらえる職場なら
        いいのかな、と変なプライドやこだわりも多少は捨て始めた。
        何が大優先か、友人らから客観的意見ももらいながら、
        改めて考えると、今は子供の生活を乱さないこと、が大優先。
        保育所に行かせることはよしとしても、仕事のために
        寝かせる時間が毎晩10時とか11時とか、
        家での食事もレトルトばっかり、とか、そういう生活にはしたくない。
        病気の連絡がはいったらとんで帰らなければならないのはやっぱり私だし、
        何だかんだと頑張ってやりたい仕事をゲットしても
        子供がそれで犠牲になるならすぐにやめざるを得なくなるだろうから、
        優先事項を常に念頭に探す必要がある、と改めて自分に言い聞かせているとこ。

        保育所のほうは、引き続き空き状況など具体的に調べていくと、
        依然として、厳しい状態であるということがわかった。
        恐らく、兄貴は入れると楽観視しても、弟のほうは来年二歳児、
        どう考えても厳しい。公立には入れないことを前提にどこにいれるか
        考えないといけない。とりあえずは二人一緒に応募して
        弟に「待機児童」という肩書きをもらう。
        そしたら近所の個人宅で保育してくれる施設をあたり、
        その後無認可保育園をあたり、兄弟別々保育は最長1年は仕方ないという覚悟。
        湿疹は消えたけど、弟に関しては食事のアレルギーだけが少し不安だけど、
        どうにか安心できるところを探すしかない。
        職の目処がたてば、必死で探すことができるだろうと思う。

        本当は今すぐにでも保育所の申込をして、悩む前に
        派遣でもなんでも決めちゃいたい気持ちもあるけど、
        とりあえずは職の目処が見えたらすぐ応募、っていう感じだろうか。

        こういう心労とか考えると、育児との両立以前に、
        やっぱり再就職ってのは壁が高い。
        ここで「そこまでして」と思う人がたくさんいるのは無理もない。
        職探しも大変だし、保育所事情も悪い、せめて悩みは一つにしたいよな〜。。


        残業NGの壁

        0
          早速苦戦を強いられそうな予感。

          私みたいな、、出産するまでは男と同等に社会で働いてきた人間でも、
          一言、「残業できません」といった瞬間に
          求人の波がどどどどどど〜っと引いていく。
          さらに、「越谷市から通勤1時間以内です」
          なんて追加したら人材バンクも去っていく・・・・。
          これが現状でございます。うすうす予想はしていたが、やっぱり
          早くも玉砕されつつ・・この現状に腹が立って、
          絶対に条件にマッチする職を見つけてやる!と燃え上がってきています。

          正社員だった全盛期の給料と比べたら三分の二以下の給料で
          妥協してやろうとしても、「残業NG」の壁は乗り越えられない。
          以前勤めていた会社では、
          ・コアタイム10:00-16:00
          ・家のパソコンから会社のLANに入って仕事可能、
          ・自宅から電話会議可能。
          という好条件だった。独身の身でもこの条件はとてもありがたく、
          本当に働きやすかったと思う。
          特に顔を突き合せなくても、用件は電話で足りる。
          そりゃぁ言葉の壁がある場合には、顔をつき合わせた方が話しが早いのは確か、
          でも顔が見えなくたって、日本人同士だったら大抵
          何の問題もなく、用件は済むし、海を越えたって声だけでビジネスはできる。
          人の給与はその人が「どんな成果をあげたか」、であって
          「何時から何時まで会社の椅子に座って仕事していたか」ではない!
          「成果」が会社の椅子に座ってした仕事に限定されてしまうようでは
          元も子もない。
          インターネットが普及したこのご時世、
          コアタイム設けてそれ以外の時間は自分の裁量で
          仕事できるようにするのは当たり前じゃないの?
          そりゃ、入社1年未満の社員をそこまで信用するのは
          難しいかもしれないけど、セキュリティや罰則をきちんと
          設けておけば不可能じゃない。

          でも、ネット後進国、女性の社会参加後進国のわが国では
          そうもいかない。
          国産の企業を多く取り扱う(というか、日本における外資企業の割合って
          まだ高くないもんな)人材バンクからは
          残業と勤務地の条件を出しただけで、ブランクどうのこうのの前に
          「即お役に立てずに申し訳ない」という返事が返ってきた。

          結局そうなのだ、この条件が女性の再就職を難しくしていて、
          専門的な資格がない限りは、単純作業やアシスタント業務への再就職しか道がない。
          私の場合も結局、一旦経験も何もかもランクを落とした職から始めて、
          そこからまた這い上がるしかないのだ。
          ブランクがあるから、「ランクを落とす」というよりは
          自身のランクが「落ちてる」部分もあるけどね・・。ここは
          強気でいきましょう。

          いまさらだけど、自分が女性であることをもっと考慮して、
          弁護士、看護士、教師、など、一言で言える職業を目指すべきだった。
          大きな後悔。そこは大学進学や就職にあたって親や知人にアドバイスを
          受けるチャンスがなかった・・受動態でいうべきではないけど、
          受けておけばよかったと思う。(特に女性の)
          専門資格があれば、比較的容易に職が見つけられるような気がするし、
          場合によっては起業だってできたかもしれない。

          私の場合にはいわゆるIT業界における「総合職」ともいうべき
          立場で、いろいろなことをやってきた。
          営業も経験したし、企画も経験したし、時にはちょっと技術をかじったこともある。
          一言ではいえない職務経歴であり、書面でも伝わりにくい、
          だからやっぱりマッチするのは教職のように全国どこでも・・の求人ではなく、
          比較的ベンチャーとかに受けいられやすく、結局都内に集中する。
          でもベンチャーとかは残業NGってありえないので、結果、無理。

          正社員を紹介するバンクからは「紹介予定派遣」を進められ、
          私もその方向に傾きかけて入るんだけど、
          紹介予定派遣っていうのは1年後には正社員になることが前提なわけで、
          1年後もまだチビは3歳だし、依然として「残業できない」状況だとすると、
          それもまた難しいのかな。
          とすると、単なる派遣?!
          それじゃぁ保育園も入園できない可能性も?!?!

          こんなにやる気があるのに!
          適当な社会経験だってつんでますよ!
          それなのに、残業の条件、勤務地の条件だけでこんなにも
          職がないとは・・・・・・
          やっぱり憤る。残業前提に仕事すんのやめろ!
          残業できることが前提に人を雇うのやめろ!

          男だって育児の必要あんだからよぉ、
          世の中の男も子どもができたら全員「保育園の送り迎えがあるんで」
          って残業NGを義務化しろ!!!

          はぁ。まだ言いたいことあるけど、またにしよっと。
          次回は「派遣会社からの反応」をお届けします(!)。

          calendar
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << October 2017 >>
          PR
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recent trackback
          recommend
          子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
          子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
          薗部 容子
          爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
          recommend
          目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
          目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
          五味 常明
          過剰な気遣いは禁物!
          でも必要な気遣いはすべし。
          男の子はある意味とても
          デリケートなのだっ、という教訓。
          recommend
          ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
          ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
          リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
          6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
          そのメリットと効果が理解出来る一冊。
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM