スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    布オムツオフ

    0

      布オムツその後、雨でもやってます。 今年我が家は初めて除湿機を購入、なんせ、ただでさえ日当たりが悪く、 その上ベランダには屋根がないので、うちは雨だと洗濯物が まったく干せないのだ。

      風呂場の乾燥機能っていう手もあるけど、電気代が 結構かかるらしいからいまいち使えない。 しかもさほど大量には干せないし。

      で、こんなときに限って、兄貴はオムツをはきたがらない、 そのくせラグに粗相したり、、弟もやたらとオシッコの回数が 多い気がする。 30分に1度、それ以上かなぁ、、6ヶ月児のオシッコって こんなに多いんでしょうか。 それとも2枚重ねとかにしたらもう少し枚数減るのかしら。

      そしてちょっと忘れちゃうと、すぐにおチンチンの回りが赤くなっちゃう。 この点では紙のほうが健康的じゃないかと思わなくも無い。 こういうときはいちいちガーゼをお湯にぬらして拭くんでしょうけど、、 布オムツの人ってそういうのみんなやってるのかしら〜???

      布ナプ・布オムツの会をやったばっかりではあるけれど 布オムツオフみたいなのやってみたいなぁ、って 思う今日この頃。 9月にはいよいよ英語の会も再開しようと思っていたりして、、 っつかね、最近予定がなさすぎて、もう少し忙しくしてもいいのかなぁ、 と自分をもてあまし気味なのさ。

      忙しすぎるとパッタリ予定無しにしたくなったり、 暇すぎると少し活動してみたり・・ まったく、、自由人な私。それでいていつの日も どこか自分の生活に満足できてなくて・・・

      また話それまくりだけど、 要するにちょっと布オムツ生活に慣れてきたらいろいろ 疑問がでてきたり、布の仲間と交流したい気分になってきたということなのです。

      でもこの雨、行動範囲せばめるよなぁ・・ チビがいなきゃレインコートと長靴履かせて外で遊ばせてもいいんだけど、、 結局家に居ると面倒で昼寝ばっかりさせている母なのでした。。


      ヌノオム・・紙おむつの功罪

      0

        二人目、また湿疹が出てきた。
        体全体・・と心配していたけれど、ここ最近、 足のカサカサはなく、背中はつるっつるでキレイ、 風呂上りに胸部にジンマシン状の赤いぽつぽつがでるのと、 顔と耳。
        なんとなーくだけど、私が乳製品を取る日は悪化しているような・・。



        ちょっと控えてみようかなと思っている。
        そして、もう一つやってみようと思っていること・・布オムツ。
        何で今更そんな手間を・・とも思うけど、 今、ママ友とのホットな話題、布ナプ。
        そんな話をしていると、「紙おむつ」という詐欺商品(!) がこの小さくてかけがえの無い私の大切な赤子にどう 影響しているかわからない、末恐ろしい気がしてきたのだ。 確かに「紙」が使われている時代もあったらしいが、 今は紙なんて使わず、もやすとダイオキシンを発生させる 合成樹脂(つまり石油製品)でできているというのに、 未だ「紙」という言葉を改めようとしない、業界の陰謀。 そんな製品を陰部に装着し、尿やウンチで蒸れた状態を 放置しておいたら何がどう体に影響しているか分からないのだ。



        「経皮毒」という言葉、今更ながら思い出し、 腕に比べて42倍も毒を吸収してしまう陰部、ここに 石油製品を絶えず身に着けていること、体に「良い」訳は無い。
        湿疹の原因になっているとは断定できないけれど、 少し控えてみる価値はあると思った。



        しかし、「紙おむつ(使い捨てオムツ)」と健康被害、って 結構検索したけど、全然情報がない。 アメリカでは健康被害が報告されているとも聞く。
        が、日本では??
        オムツだけじゃない、生理用ナプキンや母乳パッドも同じ、 こまめに変えれば本当に害はないのかもしれないけれど、 婦人病の原因とも言われている。
        オムツなんて夜泣かなくなったらワザワザ取り替えないっしょ、 つけっぱなしでしょ、それが2,3年続いたら・・ 環境ホルモンとか、いろいろ影響ないんでしょかねぇ。 企業の利益確保のため、なんだか隠蔽されているような気がして ならないんだけど、影響が無いわけはないんじゃないか。 不自然さを感じるほど、健康被害の情報が検索できなかった。
        (疑い深い・・)



        全員が影響を受けるほどではないにせよ・・・
        自分の子には影響があるかも・・
        と思ったらやっぱり怖い。



        そりゃぁ便利だよ、「紙おむつ」。
        夜だって付けっぱなしですよ、最近は1時ごろ取り替えるようにしたけど、 新生児期から夜は6,7時間は付けっぱなし、蒸れっぱなし。 でも布団汚れないし、便利だもの。 ・・でもその副作用がこの湿疹、まだ断定はできないけれど もしかしたらアトピーを引き起こしているかも、と思ったら 私が今かける手間なんてなんのその、と思えてくる。 期間限定で寝不足になったっていいじゃないか、と。 でも、、ちょっと勇気いるので、「紙」の逃げ道も残しつつ。

        そして、ごちゃごちゃと調べているうちに、だんだんと本気になってきたのだ。 今日はお友達に借りたものと沐浴布でやってみたけど、 なんとなく、いけそうな予感。
        なかなか始めるまで何をそろえたらいいのやら、よく分からなかったけど、 要は排泄物をキャッチできればいいわけで、 ま、布を当ててカバーすれば言いだけの話よね。 汚れたらクエン酸につけて・・とかなんとか、って 準備しようと思うと面倒だけど、要は汚れたら洗えばいいわけよね。 時間には余裕があるからどうにでもなるか、試行錯誤でやってみよう。

        兄貴のもついでに早くトイレトレやりたいなぁ・・ 早く梅雨おわれ!


        すげー今更なんだけどな

        0

          お友達とショッピングモールに用事があったので 第一子を二日連続で託児に預けた。 今回は実家を使わず、保育所の一時保育。わざわざ お金かけてまで・・とも思ったけど、引きこもり生活が長かったから ちょっと人見知り再発してるし、たまには 他の子とのふれあいをさせてみたかったわけ。


          預けるのは10時から15時。 うちからモールへは約1時間だから往復2時間で 現地滞在3時間。ゆっくりランチして、買い物してお茶して帰る、 という計画。


          しかしいざ、予約の電話したら 久々だから慣らし保育をしないといきなり5時間預けるのは酷だ、とのことなので、 いたしかたなく、前日もお昼をはさんで2時間半預けることにした。


          二日連続の託児、久々にスリングでスタスタと歩ける、身軽だー。 ランチもゆっくり、あー身軽っていいなあ、やっぱり。 いろいろやりたくなるよな、制限されていたいろんなことが。


          案の定、預けるときには大泣きしておったが、それも一瞬だったみたいで、 二日目には多少なれたらしく、お友達とも一緒に遊んでいたらしい。 子供ってのはそんなもんだ。適応能力は大人よりあるんだから、 たまには預けてリラックスしなくちゃナ〜。親離れもたまには必要なのさっ。


          お姑さんにはさすがに「遊びに行ってきます」という用事では ちょっと頼みにくい・・帰ってきたときにも「じゃありがと」って すんなり帰りにくいし、これはこれでお金払った託児もそれなりの 価値があるってことよね。


          それはそうと、そこの保育所は布オムツなので、行ってすぐにオムツを脱ぐ。 トレパンを借りて布オムツをあてて・・。 記録を見たら以前あずけたのはちょうど一年前 1歳2ヶ月くらいのときだった。(「就職面接」だったんだよな、、) そのときには感じなかったけど、布オムツって結構きもちいい。 お尻に手を当てたときに、紙だとなんだか蒸れて湿った感じが するんだけど、それがない。さらさら。ぬれていたとしても きっと肌にはやわらかいし、オムツ替え、気持ちいいかもなぁ。


          地元のママ友仲間でも布ナプキンがホットな話題の今日この頃。 布に変えたら生理が軽くなるっていうのは結構みんな実感するらしい。 ってことはぁ、紙おむつから布に変えたら何かが良くなる・・のではないか。 ===すなわち、我が家の息子たちが悩まされている、 アトピーもどきな湿疹が改善するんじゃないか。 ステロイドだの、保湿剤だのっていちいち風呂上りに気にしなくても いい生活が戻ってくるんじゃないか・・ってひそかな期待。


          もうこの夏にトイレトレしようとしている兄貴はいまさら・・だが、 弟は・・今からでも布にかえてみようか。
          何も大変な第二子から布に今更することもないんだが、 健康には変えられないでしょ、共稼ぎでもないんだから。
          子育てに専念できている今だからこそ、できるわけだし。
          主婦が子供のために必要とあらば時間を惜しむ理由はない。
          子供が起きている間は自分の時間はない、私は今「子育てプロジェクト」 一本でやってるわけだから、手間が一つ増えようが二つ増えようが、 勤務時間が変わらないなら、まあやってみてもいいんじゃぁないでしょうかね。
          幸い、今シーズン、私自身の手湿疹はほとんど発症せず、手あれは 今のところ手袋すればまあなんとか心配ない状況だし。
          って、、これらは自分への言い聞かせ。
          (やっぱりこんな風にいろいろ考えないと腰があげられないわけよ。)

          しかし、、いざとなると布オムツのこと、何も分からない。 一体型?ライナー?何をどのくらい買うの?洗濯は?バケツに重曹か? いくらかかるんだ? こんなとき、二人目だから一人目のママ友の経験談を聞けるメリットはあるわね。 回りにいるお友達に聞いてみよう!

          布、やっちゃうか〜?


          calendar
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          252627282930 
          << June 2017 >>
          PR
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recent trackback
          recommend
          子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
          子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
          薗部 容子
          爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
          recommend
          目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
          目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
          五味 常明
          過剰な気遣いは禁物!
          でも必要な気遣いはすべし。
          男の子はある意味とても
          デリケートなのだっ、という教訓。
          recommend
          ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
          ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
          リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
          6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
          そのメリットと効果が理解出来る一冊。
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM