スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    昼間の卒乳

    0

      今日もハローワーク行ってきたし、 そろそろ職場復帰を真剣に考える時期。

      おっぱい自体は夜間授乳があるから完全卒乳はまだ先だろう けど、復帰を意識して少しまえから昼間の卒乳モード。 が、これがなかなか、進まない。 というか、進め方がイマイチよく分からない。

      朝8時ごろ:朝ごはん(母乳なし)
      12〜1時:昼ごはん(母乳なし)
      ここまでは母乳なしでOK!
      でもその後は自分のおっぱいが張って苦しいか、 王子がぐずるか、で3時か4時ごろ ギブするパターンが多い。 で、5時〜6時ごろ夕飯をたべて、その後お風呂、 その後、最後の授乳をして7時〜8時に就寝。

      1日預ける場合にはこの夕方のおっぱいを 何とか止めないといけないのだろうけど、 自分のガチパイに耐えられない。 搾乳も面倒だし、外出しちゃったりするとできないし、 乳腺炎も怖いから、やっぱり飲ませちゃう。

      でも飲ませちゃってる限り 体は「この時間はおっぱいが必要」と判断して、 作り続けちゃうだろうし、どうしたものか。 しかし、「作っちゃうおっぱい」に「飲みたがる赤子」、 卒乳はなんとなくもったいない気もしちゃう、それは本音。 (必ずしも望んでいるわけではないが)王子は夜があるから しばらくはまだおっぱいっ子を続けられそうだけど、 昼間は職場から帰ってきて授乳するわけにいかないし、 (というか、そういうことができる環境だといいんだけどねぇ) 子育て&仕事って大変ですな。 (すでに弱気?!)


      ベビーゲート

      0

        王子もあと10日したら11ヶ月目、ってことは 0歳児最後の1ヶ月が始まる。。 今年1年は「去年の今ごろは・・」って、 事あることに思い起こしている気がするけれど、 去年はまだこの世にいなかった人間(というには 未熟すぎるけど)がこんなにも、 存在感を発揮するなんて、改めてすごいことだよな。

        最近は1人遊びもしてくれるようになった。 それは助かるんだけど、やっぱり人間の習性なのか、 ふと人の存在に気がつくと寄ってくるんだよね。 1人で遊んでいても、大人がダイニングテーブルを 囲んで会話していれば寄ってくるし、 ちょっと1階に洗濯物を取りに行けば、 あがってきたときにはリビングの入り口のドアの 向こうでガリガリやってるし(おまえは犬か!)、 そして、、料理をしていればキッチンスペースに 這ってくるし。。。これがくせ者。

        ゴミ袋をシャカシャカやるくらいなら 許してやろう、しかし、、
        ・炊飯器台に手をかけて立ち上がる
        ・しゃもじを手にとりおもちゃにする
        ・ガスコンロのスイッチをいじりたがる
        ・冷蔵庫の引き出しに手をかける
        これらはどうにも、拒絶せざるを得ない。 そろそろいけないことは教える時期、 らしいから、一応手やお尻をパンして、 「め!」とか言ってみるんだけど、 明らかに効果ないよね、これ。 本人構ってもらえてニヤニヤしちゃってるし。 たまに私の大声に犬みたいに目をつぶって、 シュンとなったりすることもあるけど、 そのことが記憶されなければ、懲りずにまたやるし、 0歳児にそういうしつけ、本当に意味あるのか??

        だから、やりたかぁないけど、結局 ベビーゲートで柵しておくしかないんだろうか、 と思う今日この頃。

        最近は2階への階段も1人で上れる。 もちろんすぐ後ろからついていくんだけど、 結局この前は1人で登りきってしまった。

        階段

        これもまた、登りたいのなら、登らせてあげたい。 でも、1人でいるときに登られたら困るから、 「登っちゃダメ!」としかるべきか否か。
        「ママと一緒ならいいけど、1人のときは勝手に登っちゃダメ」
        なんてそんな高度な理屈は理解するはずもないしな。


        保育園見学

        0

          去年の1月に社会生活から一旦離れ、、 かれこれ1年が過ぎてしまった・・。 王子の世話人を専業にしてきたこの1年、 名残惜しいけど、今月からハローワークに行くことにした。 (といっても、今日はあいにくの雨だったから 明後日に延期したんだけど。。)

          まだ乳離れもしてないし、ぜーんぜん準備整ってないんだけど、 とりあえず走り出してみちゃおっかなーって言う心境。 保育所についても、見学もせずに、願書出しちゃって、 あまりにも無責任な母親よね。 だって、引越しは1月4日、保育園の願書は5日から8日、 見学に行く暇なかったのよぉ。 って言い訳です。B型ナ母親でごめんよ>王子

          でもでも、とりあえず入園できるかも、 という事を考えて、つき1度開催している 「お遊び会」ってやつに参加してみることにしたのだ。

          今月は「人形劇」を観覧できるとのこと。 まずは、時間がくるまで0歳児クラスのお部屋に案内され、 最初の20分くらい、一緒に遊ばせてくれることになった。 0歳児クラスは6名ほど。 見るからに20代前半の保母さんが2人。 0歳児と言っても、今の時期、もうみんな1歳過ぎちゃってるんだけど、 お部屋はとりあえず広い。

          なんか小奇麗な育児サロンになれちゃっているせいか、 使い古されたおもちゃとか、床のジュータンの薄汚れた感じ にちょっと抵抗感あり。適当な育児しているくせに、 変なところで潔癖症みたいな感覚持ち合わせちゃって、 いけませんな。。
          でも、
          続々と 「お遊び会」に参加しにきた親子が入ってくるのに、
          「手洗いしてください」
          とも言われないし、 預けられている子たちは、みんな靴下も脱がされてない。

          王子を預けることを想像したら 「こりゃあいつ風邪もらってくるかわからんな」 って思っちゃったし、 部屋の中では靴下脱がせてよぉ。寒くないじゃーん。

          あまり期待はしてなかったけど、聞いてみた。
          「ここではトイレトレーニングとかするんですか?」
          「うーん、気が向いたらおまるに座らせたりすることもあるんですけど、 特にはやってないですね」
          そんな感じだった。 1歳のクラスになったらやってもらえるのかな、 聞いて置けばよかった。王子は基本的に朝ウンチだから 朝はトイレでウンチさせるとして、、 やっぱりオシッコのオムツはずしは 当分先になっちゃうのかな。

          でもまぁ、肝心な「人形劇」は結構おもしろかったし、 とりあえずそんな神経質な不安は忘れることにしよう。。 人に預ける以上、自分の思う「完璧」育児は無理なわけだし、 それが現実よね。(そんなんでいいんかっ!?)

          10ヶ月検診

          0

            うちの王子も早いもので生後10ヶ月を迎えてしまった。 越してきたばかりで土地感も口コミの情報も 持ち合わせていないので、 義母に評判のよさそな小児科の先生を教えてもらって、 早速検診に行くことにした。

            検診の結果は9555g、身長は74.5cm、 生まれた時は2680gの小ささだったのに、 今ではしっかり標準位置をキープ。よかったよかった。 先生には「母乳だけでここまで育てば立派なものです」 とも言ってくれた。あと2ヶ月で1歳。1歳=10キロ目安だと 思っていたけど、あと500gしかないじゃーん、、こんなに 大柄になるとは思ってもいなかったさ〜、しかし、男の子だし、 小さいよりいいかね。

            先生は、女医さんなのだけど、 おばちゃん先生で白衣も着てない。 保育園にいる園長さんみたいな雰囲気の人。 こういう女医さんなら母親の経験もあるだろうし 何となく、信頼できそうなと思っていたんだけど、 でもちょっとだけ気になったこと。

            運悪く、前日から下痢が始まっていて その旨を伝えると即座に
            「ウィルス性胃腸炎」
            と診断して 薬を処方してくれちゃった。
            ウンチも見ないで、聴診器と「下痢気味」という私の言葉だけで、 ウィルス性・・って断定できるのか??
            下痢以外の症状は特にないんだけど
            「熱出る子と出ない子がいるけど、この時期の下痢は ウィルス性のもの」
            って、ほんとか?

            で、その下痢のせいでつい最近まで ずっと綺麗だった王子のお尻は見事に真っ赤。オムツ かぶれの塗り薬まで処方されてしまった。 後で気がついたんだけど、この医者、処方箋を書いて
            「じゃあ向かいの薬局で・・」
            って言うパターンじゃなくて、その場で薬をくれちゃうお医者さん。
            薬の説明はあったけど、お薬手帳の記載は特にしてくれなかったから、 今度ちゃんと薬の名前とか、書いてもらわないと。。
            でもやっぱり、すぐに薬を処方するこの日本の医療のあり方、 どこの医者に言っても同じなのかしらね。
            私はそもそも、薬信者じゃないので、なるべく 自然の力で治そうとしちゃうんだけど、 (先日自分がウィルス性胃腸炎にかかったときにも 自力回復!) そういう処方って子供にはよくないの? 自然治癒力を高めるような処置を進めてくれる医者はいないものか。。

            もうここまで来ちゃうと手遅れらしいけど
            「少しお腹を下し気味のときには ヨーグルトにリンゴやジャムをまぜて 少しあげると整腸されるのでそうしてね」
            だそうで、
            それ以外に言われたことは、
            「少しあごが小さいみたいだから 野菜など長めに切ってちゃんとかませるように」
            「おやつにはお菓子じゃなくてパンの耳がいい」
            「昼間の母乳は1歳目処にやめる準備を」
            で、最後に噛む練習のヒントに、ということで スティック状のビスケットをくれた。

            ヨーグルトは乳製品で、私は卵やら乳製品は1歳まであげない、 と何となく決めてたんだけど、
            「あらぁヨーグルトなんて5ヶ月から食べさせていいのよぉ」
            と、なんで変な信念もっちゃってるの?といわんばかりの表情。
            私の離乳食はいつもご飯+豆類とか野菜とかたまに白身魚、 っていう決まったパターンで、肉はめったに入れない、 そんな話をしたら、ますますおばちゃんの説教みたいに なっちゃって、 「もっといろいろなもの食べないと偏食になっちゃうわよ」
            って。。 それってば、部屋の中で素足にしていたときに
            「あらぁ足が冷えちゃってかわいそうよ」
            といわれているのと同じような、、おばチャン的説教に 聞こえちゃったんだけど、、素直じゃないワタクシ。

            で、やっぱり「母乳は1歳まで」論は根強いのね。 「昼間は」と制限付きだっただけまだマシなんだろうか。
            ま、でも世の中にはいろんな意見があるということで、 結局は情報の収集、取捨選択は親次第だしね。 子育ては親の責任でつきすすんでいくべし。


            幼児語

            0

              この正月は引越しのどたばたで実家に帰っていなかったので、 久々に帰省。といっても車で1時間半ほどのところなんだけど、 王子のひぃばぁと再会させて、2泊ゆっくりさせていただきました。

              で、この帰省中、王子は 訳のわからない言葉を発するようになった。 「ばぁばぁ」しかいわなかったのに、 急に「け」に似た音とか、日本語の音にはない 独特の幼児音を出しておしゃべりをするようになった。 音が固定されてないし、きっと今の時期はどの言語でも習得できるんだろうな。。

              それはそれとして、この幼児語、結構「萌え」るっ!! 何言ってるか分からないけど、彼なりには 何かをしゃべっているつもりのようで、 なんともかわいい。 大人が笑っていると一緒に笑ってみたり、 すこーしずつ場を読む力も出てきているのか?!

              そのうち大人の言葉がわかってくるだろうし、 毎日「チュ−タロー」とか「チュ−タ」「チュ−」、 とか呼んでしまっちゃってるけど、 そろそろ本名で呼んでやらないといけないかな。。


              祝!10ヶ月

              0

                今日でめでたく王子も10ヶ月をむかえました。 毎月のお誕生日の度に何か新しいことが 始まります。

                9ヶ月のときは立っちが始まりつつあり、 拍手をし始めたところで、今回は、 まさに今日!やっと、ハイハイを2,3歩しました。 腰をあげてすぐにつぶれていたのに、 今日はそのまま綺麗にハイハイしたのですっ。

                うぉおおおおおおおお、感激。

                これしきのことだけど、この成長が確かに 目に見えるっていうのはいつもうれしいことであります。 笑わなかった王子も最近は へへっ、とたまに(それでもやっぱり他の子よりは 笑わない)歯を見せてくれます。 最近は「ばっば」とか「あっぶ〜」とか自分の口から 出る音を楽しんでいるかのように、機嫌がいいと 何か言うようになって、これからますます 「萌え」度が高まってくることでしょう。

                成長で気になっていることといえば、 「何でも食べようと」しないこと。 王子はヨダレはほとんどたらさず、 物を口にもっていくこともほとんどない。 食べようと口をあけるのは、 離乳食のスプーンを口にもっていったときくらい。 床のゴミも食べないから安心、、ではあるのだけど、、 もしかしたらこの点は正常な成長じゃないのかしら。。 少しだけ、心配ではあるんだけど、 でも本当に何も口に運ばないから本当に楽。 一応今度の検診で聞いてみよっと。

                ま、あとは夜の授乳が相変わらず、、だけど 慢性睡眠不足も10ヶ月もするとなれるものだ。 私の「疲れたり寝不足だとなる半二重」も 慢性のものとなり・・・・・ もう治らないんかな。。

                何はともあれ、10ヶ月おめでとう! あと1歳まで 2 months to go!!!!!


                calendar
                1234567
                891011121314
                15161718192021
                22232425262728
                293031    
                << October 2017 >>
                PR
                selected entries
                categories
                archives
                recent comment
                recent trackback
                recommend
                子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
                子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
                薗部 容子
                爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
                recommend
                目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
                目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
                五味 常明
                過剰な気遣いは禁物!
                でも必要な気遣いはすべし。
                男の子はある意味とても
                デリケートなのだっ、という教訓。
                recommend
                ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
                ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
                リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
                6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
                そのメリットと効果が理解出来る一冊。
                recommend
                links
                profile
                search this site.
                others
                mobile
                qrcode
                powered
                無料ブログ作成サービス JUGEM