スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    家のお掃除・・(ずぼら自慢)

    0

      久々にいい天気じゃないですか〜 うちのベランダは屋根がないもんだから この3日間、洗濯ができず、、今日は久々に 大量ウォッシュ。

      それでもまだ干す場所の関係で全部は 洗えなかったけど。 そして、引っ越してきて初めて(?!) 家中の窓を全部あけて家中一気に掃除機。 え”・・今まではしたことなかったの?! って驚かれる方も多いことでしょう。

      そうです、、私は夫に申し訳ないくらい、 本当にずぼら主婦なの。 女気のカケラもないから、掃除機も毎日なんて かけません。雑巾がけだって、毎日なんてしません。 洗濯も天気悪かったり量が少なかったり、 風呂の水が新しい時には1日遅らせたりすることもあり。 洋服も汗かかなきゃぁ二日連続で同じの着ます。 (会社行ってたときは一応変えてたけど、、)

      ほんっと私って主婦向いてないんだよね。 そういうとこの感覚、って男なんだよね。我ながら。 女性だけの家庭に育っていながらも、 学校では大抵男と一緒に生活してきた・・といいますか、、 大学は男子大学も同然の不健全な男女比率だったし、 会社でも常に男性が多い職場だったし、 女性の感覚を養う場がなかったわけなんですよ。 かーなーり、言い訳なんだけどっ。

      前の賃貸だったときも、お隣の奥様は 毎日のようにお布団干して、結構 ドアの外側とかも、スプレーシュッシュして 掃除してたけど、私はドアの外側とか インターフォンなんて年に1度くらいしか 拭かなかったかな。。

      ここに越してきて、まわりのおうちは うちがリビングのカーテン開ける頃には 大抵どの家も洗濯物がすでに干されていて、 うちらが朝ごはん終わった頃には 掃除機の音ががーがー聞こえてきたりする。 隣のおうちも週末にだんなさんが、 窓ガラス拭いていたりするし、 みんなおうちきれいにして偉いなー、、なんて。 私もきれいなうちにそういう習慣身につけないと。 (つくかな)

      毎日洗ってるのに、すでに五徳に 飛び散った油が黒く炭化してるし、 そろそろ玄関のドアも外から拭いたほうがいいのかな・・、 網戸やベランダもすでに砂埃で汚くなってるし・・、 普段スリッパだと鈍感になっちゃうけど、 階段も驚くほどすぐにホコリつもるし、 あーなんか、家の管理って大変よね。 そう考えると何十年もおうちをきれいに保っているお宅って、 すごいなぁ・・夫の実家もそうだし、 うちの近所のおうちもみんなそう。 私にはそんな自信ないぃぃぃ・・。

      ゴミ当番

      0

        一軒屋暮らしでは賃貸生活と大きく違うことがある。
        ・町内会への参加
        ・ゴミ当番が回ってくる
        ・家の前を雪かきしないといけない

        いやはや、なれないと戸惑いますけども、 どれも拒否できないことばかり。。 これから先長く住む住まいだし、子供もいるし、 近所づきあいは大切ですからね。。

        で、さっそく1週間交代のゴミ当番が回ってきた。 カラス除けネットがはいった袋を 渡され、当番の人はこれを1週間保持するんだそうだ。 「燃えないゴミの日には公衆電話の脇にある、 ビンやカンを入れるカゴを収集所にセットし、 燃えるゴミの日にはこのネットをゴミの上に セットする」のだそうだ。
        そしてゴミが収集されたあと、 ネットを引き上げたりカゴを片付けたりする。

        作業自体は大変なことじゃない、 のだが、問題は時間。。 人の家の前が収集所になっていることから 夜セッティングするのはNGだそうで、朝やらないといけない。

        でねでね、朝といっても
        「早い人は6時頃には出してるみたい」
        なので、その時間にはカゴを出したりネット しないといけないらしく、、、
        「そんな時間、、起きてね〜よ〜」
        みたいな。。

        だったら1番にゴミ出しする人が セッティングしてくれたらいいんちゃうの?
        とも思うんだけど、、そんなこと
        言えるわけもね〜
        ので、早速今日は6時におきて パジャマのままコートを着てカゴをセッティング。
        案の定、すでにゴミは出され始めていた。
        っつか、まだお月様でてるじゃーーーんっ、みたいな。。

        明日は燃えるゴミだからネット掛けか、 (カラスいないけど) 仕方ないことなんだけど、つらーーーーーいっ。悲しい


        ムカつく!!猫被害

        0

          新居は日当たりがイマイチで、うちは二階がリビングなのだ。 平屋生活が長かった私としては、まだなんかこの階段を上下する 生活に慣れない。

          ま、それはいいんだけど、この家で今一番ムカついていること。 それは近所の野良猫が、裏の砂利や表のほんのわずかほどの大切な ガーデニングスペースにフンをすること。

          その昔、この近所のマンションでどこかのお国の方が猫を 数匹飼っていて、繁殖逃げしたことが原因でこの近所には 野良猫がやたら多く、近隣の方々もフン公害に迷惑しているらしい。 特にうちは「工事中からフンがいっぱいだった」とかで、 さっそく猫退治の人工芝のようなトゲトゲをおいてみたけど、 まったく効果なく、相変わらず数個のフンを発見。 いざ、持ってきた植物を植えようとしたら せっかくの土がウンチやらオシッコやらのおかげで臭い臭い。

          こちらも意地になって、トゲ状の撃退シートを 買い増し、木酢液入りの粒状のものも買ってまいてみた。 そして駄目押しは、夫が通販で買った 「超音波撃退機」

          猫が嫌いな超音波を発する機会らしいのだが、 電池を入れて裏の砂利スペースの隅に おいてみた。 聞こえる人には「キーん」という音が 聞こえるらしいけど、私にはさっぱり。 幸い(!)夫にはこの「超音波」が聞こえるらしく、 確かに超音波は発せられていると確認できた(!)ので、 あとはしばらく様子見。さてどうなることか。

          ちなみに、私は猫は飼われていようがいまいが、 昔から猫は嫌い。特に人間様の生活に迷惑をかけるとあっては、 撃退せざるをえない。やれることはなんでもやってやるっ!


          calendar
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          30      
          << April 2017 >>
          PR
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recent trackback
          recommend
          子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
          子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
          薗部 容子
          爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
          recommend
          目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
          目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
          五味 常明
          過剰な気遣いは禁物!
          でも必要な気遣いはすべし。
          男の子はある意味とても
          デリケートなのだっ、という教訓。
          recommend
          ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
          ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
          リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
          6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
          そのメリットと効果が理解出来る一冊。
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM