スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    最近の王子の成長

    0

      あ、なんか王子の成長ネタ書くの久々?!新居の 引越で頭いっぱいになってて、王子ネタはだいぶサボっていたので 中途半端な時期だけど、ちょっとまとめ。

      来週には9ヶ月に突入するうちの王子。 まだハイハイしないんだけど、ズリバイはだいぶ 板についてきた。 リモコンでも床に落とそうものなら、勢いよく突進してくる。 机の下、コンセントタップ、どこでもガンガン進んでいってしまう。 腰はあがるけど、まだ腰をあげたまま前進はできないので 進むときは結局ズリバイ。 うつぶせからお座りもまだできない。

      うちの王子は私と2日しか誕生日が違わない。 私はお正月にはつかまり立ちしていた、と母が 言っていたから、この勝負、たぶん「ママの勝ち〜拍手」でしょう、きっと。(なんのこっちゃ)。
      もともと成長は早くなかったし、あまり早くてもつまらないから、まぁこんなもんでいいのかな〜。

      離乳食も最近はやっと私自身の「作るリズム」がつかめてきて 朝8時ごろと夕方4時ごろの2回食に。 量もかなり食べるようになった。 朝は「ココットに山盛りおかゆ」+「りんご1/8」くらいの量。そして夕方は その半分くらい(でももっと食べられそう)。 相変わらずレパートリーは増えないけど、 しかも、おっぱいの量も変わってないみたいだけど、 何となく一安心。スプーンは結構上手に食べてくれるのよね。でも 飲み物はだめ。コップで飲ませるの面倒だし、おっぱいがあるから、何もあげてません、ハイ。。

      で、離乳食の量が増えるに連れて、最近ちょっと 便秘気味になってきた。朝のウンチが2日続けて出なかったり、 毎日は出なくなってきてしまった。 でも出るときは見事な巻きグ●状態で、便器に落とされたまま その場で止まっているくらいの硬さ。 この前外出先で3時ごろいきなりウンチされて 「想定外」の事態に焦ったけど、意外と粘土が強くて お尻はほとんど汚れていなかったのには驚いた。。 オムツがウンチの重みで垂れ下がって、しかも ある程度硬かったからお尻にはべっちょりと 付かなかったみたい。 だんだんと大人になってきたもんだわ。 昔は開ける度にウンチついてたのにねぇ(いつの話じゃ!)。。

      トイレネタといえば、ひと時、ちゃんとタイミングを合わせれば 出ていたおしっこは、最近はすっかりでなくなってしまった。 寝起き、おっぱい後、外出から帰ったときなど 時々で連れて行っているのに、ほっとんどでなくなっちゃった。 トイレ寒いから縮こまっちゃうのかしら。。。 そしてしばらくしてオムツを確認すると 線出てるし、1日何度もオシッコしているに、1度もトイレで 出ないっていうのはゲームで負け込んでるようで、なんか悔しい。。。

      そういえば、ベビーサイン、始めてからそろそろ1ヶ月位かな。 まだ何も反応無し。。
      実践中のサイン:「おしまい」「お風呂」「おいし〜」「ご飯」

      おっぱいその後・・

      0

        右乳は2度に1度の授乳リズムに変更、 なんとか鳥肌立たない程度には(!) 落ち着いてきたかな。
        吸わせる時、離すとき、一番緊張する一瞬。 吸わせるときは王子をきゅっと抱きしめ歯をくいしばる。 離すとき、ひっぱられないように、 指を王子の口にいれて離させる。 吸いながら王子が何かに気を取られ、 乳首をくわえたまま首を動かすのも怖い。 だから王子の体、頭はしっかり固定。 王子よ、この母の緊張が君に理解できるかな?

        夜中の授乳は添い乳は浅飲みが怖いので いちいち起き上がって正座授乳。 (関係ないけど、生後8ヵ月半で未だに頻繁に起きる・・・ 男の子にはそういう子多いみたい?!)

        でもまだまだおっぱい生活は続けたいもの、 これからは飲ませ方にも気を配り、 傷ついたおっぱい、早く治してあげたい。。

        明日は「おっぱいっ子の集い」にまた参加予定。

        休乳・・無理だわ。。

        0

          右乳が切れて「休乳」宣言!

          保健婦さんのアドバイスに従って、 右は休職。左乳がしばらく1馬力で頑張ることに・・
          しようとおもったんだけど、これが なかなか難しい。

          それでも昨日は11時〜夜11時まで右はお休みさせてみたのだが、 左乳を吸わせている間右からじんわり出てくる量は 半端じゃなく、紙パッドはすぐにいっぱいになっちゃう。 久々に搾乳してみたら、指でやらなくても シャーシャーと止まらなくなっちゃうし。 (結構量出てんだな、と我ながら感動したりして。) しかも、1馬力で左乳に任せてみたものの、やっぱり 赤子は「右を飲ませてくれてない・・・」 と分かるのか、量が足りないのか、 何分左を吸わせてみても なかなか満足していただけないご様子。

          やっぱり二回に1度くらいは右も吸わせないと 厳しいかも。。 そんなこんなで昨晩からは恐る恐る 二度に1度は右も復職させてみたんだけど、 そんなちょっとの休眠期間じゃ、なかなか 傷なんて治りゃしない。 吸われる度に「やっぱり痛い」状態。

          こんなんじゃ傷はなかなか治らなそうだ。 授乳期間は短いとはいえ、 「健全な授乳」を維持するのは厳しい・。ムニョムニョ


          なぜおっぱいは二つ?!

          0

            胃腸炎からまだ全快せず・・ 日曜日、月曜日、今日、ろくにきちんと食べられてない。 朝はサツマイモペースト、 昼はヴィダー、夜はなんとかご飯1杯と ロールキャベツとシラス。 ううう・・痩せちまうぜ。 しかしそんなことお構いなしに授乳生活は続く・・。

            で、また追い討ちをかけるように、 乳首が切れました。 正確には乳首の根本のところに小さな 切り傷みたいな傷。 小さくてよく見ないと気がつかないんだけど、 痛さが半端じゃない。

            いつもの右乳。よく詰まるけど、その度に強行授乳を 決行して治して来た。またか、と思ったんだけど 今度は違う。痛みが違う。 こんなに小さな傷でも飛び上がるくらいの痛さ。 しかも、当然ながら傷があろうがなんだろうが、 時として、おっぱいじゃないところだろうが (その場合は内出血するけど)赤子は容赦ない。 陣痛より痛いかも・・(?!) でも噛まれた記憶もないから、この数日で 適当に添い乳したりしてたから寝てるうちに 浅飲みさせちゃって傷つけてしまったのかも。

            今日は偶然にも保健所で育児相談の日だったので 相談してみたところ、
            「左から飲ませて湧き出てから右側を飲ませる、とか、
            右乳は張っちゃうようなら手で搾乳するようにして、
            授乳は少しお休みさせたほうがいいわね。」
            とのこと。あまり治らないようなら軟膏を塗る手もあるけど そうなると余計授乳はできなくなっちゃうので 少し休ませて治るようならそれがベスト、って。

            余り飲ませないと量が減っちゃうかなって 心配したんだけど、1馬力でもホルモンへの指令は 十分なのでこれでおっぱいが出なくなってしまうことは ないんだと。

            傷は「つまり」と違って吸わせれば治るってもんじゃない。 でも数回休んだところで治るんだろうか・・。 手で搾乳するのも痛い。 ううう。

            今夜は1馬力で頼むよ、左乳よ。 左は出産以来、一度もトラブルがなく、 いつもやわらかおっぱいでかなり優等生。 それに比べて右は何度も詰り、しこり、 そして挙句の果てに傷、とトラブル続き。 たぶん右の方がよく出るから、なのかもしれないんだけど、 おっぱいが二つあるのはこういう時のためなんだわ、 って思ったりして・・・。

            左乳よ、今しばらく頑張ってくれ〜
            あーなんか踏んだり蹴ったりだな、最近・・。(ボソッ)

            子育てを科学する

            0

              去年も参加した 日本赤ちゃん学会の国際シンポの講演会を聞きに大手町へ。

              内容としては去年ほど印象に残るものはなかったけど、 一点おもしろかったのは、ハーバード教授の講演で、 子供から大人への成長曲線というのは 消して線形なものではなく、何度かのピークと減衰を 繰り返して成長していくのだということ。

              身長でも体重でも、また大脳の発達でも、 ひたすら成長するばかり、と思いがちだけど 実際にはぐんと大きくなって少し縮んで、また ぐんと成長して、またすこし縮み・・の繰り返し。 これは頭囲の物理的な成長も、シナプス形成の過程も 同じこと、なんだそうだ。そういえば妊娠していたときも、 「なんかここ数日で急にお腹が大きくなったような・・」 っていうのが何度かあったし、王子の成長もしかり。 その体感は合っていたってことね。

              脳みそのことについて言えば、 成長と衰退、の成長の部分=ぐんと成長するタイミングで、 適切なサポートを行うことにより、 きちんとしたシナプス形成を助長することができる、 のだそうだ。 そのタイミングで何もしなくても自然に脳みそは発達 するんだけども、サポートをするかしないかでは 発達の速度が違う、ということらしい。 すなわち、早期教育も適切なタイミングで 行うことに意味があるということやね。

              最近では子供が起こす不可解な犯罪の数々、いや、子供だけじゃない、 大人も世の中の大半の人が理解に苦しむような犯罪を する人が出てきている。 この、「脳を科学する」という事が 脳の成長を科学的に解き明かし、 そのような行動を起こしてしまう原理の解明を してくれることも期待されているとのこと。

              去年ほど実際の生活と結びついてはいなかったけど、 こういう研究は非常に興味深い。 脳ミソって小さな小宇宙というくらい、まだまだ 解き明かされていないことがたくさんある。 しかも、自らの脳ミソを使って自らの脳ミソの事を 研究をするっていうのが人間ってなんともおもしろい。

              しかし、、赤子連れ歓迎の会ではあるものの、 大半の人は学会関係者やら、普通の人々。 王子をひざの上であやしたり、おっぱいやったりしながら、 いろいろ気を使いながらの視聴は疲れた・・。 なので、最後まで聞けず、前半で退散してしまった。 やっぱりこういうところは 託児サービスを完備すべし。


              すっげー些細なことなんだけども。

              0

                発見しちゃった。 おもちゃの二個持ち。

                今までは新しい物を発見すると、 今まで持っていたものを落として次の獲物をつかむ・・ っていう感じだったと思うのだが、 今日気がついたら二つ持ってる!!

                これって、少しずつ大脳が発達して マルチタスクになりつつある、ということでは?! なんて勝手に喜んでみた。

                マルチタスク

                ベビーサイン、本格始動?!

                0

                  おまめさんとベビーサイン講習会(体験講習)へ。 (火曜日に引き続き、青山だ。)

                  ゴザとかしいてあるのかな、と思いきや、 講堂で椅子だったのは意外だった。 椅子で講演会を聞くのは結構久しぶりだったりするかな。 ぐずるから途中で床に置いたりしちゃったけど、、 1時間、手遊びや紙芝居なども交えながら刺激的な会だった。

                  特に途中で上映されたビデオは本当に子供が日常生活の中で サインしている様子を撮影したもので、 非常に感化された。 いくつかサインも教えてもらったりしたけど、 これは講義で教わるものじゃないわね。

                  ちょっと前から「おしまい」のサインだけ 見せてみてるけど、実際にマネできるまでには 早くて1ヶ月くらい、だそうで、気長に、少しずつ サインを増やしていこうかな。

                  一応サインしてると 「何してんの?ママ」と言わんばかり顔で 見つめられる。まるで道化師になったような気分でもあるが、、 過剰な期待も禁物、だそうだから 地道にやるべし。子育ては何事も根気なのだ。

                  早速今朝はお食事のときに 「おいしい」のサインを見せてみた。 イタリア語の「おいしい」のように人差指を ほっぺに突き刺してぐりぐり。 人前でやるのはちょっと恥ずかしい気もするけど、 そのうち慣れるさ>自分。

                  がんばるぞー。


                  オムツ一枚であっそべ〜♪

                  0

                    こどもの城に再び出陣。 今日は赤ちゃんサロンの日。

                    受付で2枚のシールをもらう。 1枚は苗字、1枚は子供の名前。 あーよくある、親と子に1枚ずつ貼り付けるのね。
                    と思ったら

                    「お子さんは裸なので、お母さんがつけてもいいですよ」

                    って、え?!

                    室内は25度、みんな、オムツ1枚で 遊びましょう!!!ってことで、 着ていたいたものはすべて脱ぎ、オムツ1枚に。 「6-8ヶ月」エリアで1時間ほどあそばせたカナ。 ズリバイしたり転がったり、適当に笑ってみたり、 (基本的にあまり笑わないんだけど) ママがPCに向かって相手しない時間でも やってることは同じだけど、他の赤ちゃんや お母さん達が回りにいるだけでも、結構な刺激だろう。

                    オムツ

                    今日はサンプル品ゲットのイベントはなかったけど、 オムツで遊ばせるなんて事はなかったので、また 新しい刺激をもらって帰ってきた。 王子は今日も素足、長袖Tシャツ、長袖つなぎで 外出。割と薄めだとは思うんだけど、 うちもちゃんと暖房して家の中では オムツ1枚にさせてもいいかもな・・なんて。

                    関係ないけど、 「紙オムツ」とはいうものの、意外と シールが張り付かない。 やっぱり「紙」じゃなくて 「石油」オムツなんだわね。


                    歯ぎしりは遺伝するか。。

                    0

                      めでたく王子も8ヶ月を迎え、なんとなーく つかまり立ちみたいなことも一瞬できるようになった。

                      たっち

                      ま、それはさておき、 歯ぎしりがひどい。 ちょっと前から口をもぐもぐさせながら 変な音をさせるのが彼の流行だったみたいだけど、 それがエスカレートして、カチカチと 音がするようになった。

                      育児広場で保健士さんに聞いたら
                      ・歯ぎしりは治らないので、夜やるようなら マウスピースのようなものでアゴや歯への負担を 軽減するようにしたほうがいい。
                      ・昼間カチカチと音を出したときも、 なるべく注意したほうがいい
                      とのことだった。
                      音が出るのが面白くてカチカチしちゃう子いるのよね〜ってことだったけど、昼も、寝てるときもそういわれてみたら 何となくカチカチしてるときがある。

                      私自身も歯ぎしりをするらしいので、 遺伝してしまったか?! その保健士さんのお子さんは歯ぎしりで 顎関節症になってしまったらしい。

                      歯医者さんで簡単に作ってくれるみたいだけど、
                      「お母さんも歯ぎしりするならしたほうがいいわよ」
                      だって。。どうしよどうしよ〜。 こんな小さい王子にマウスピースもなんだしねぇ。

                      歯ぎしりなのかカチカチのクセなのか 一応まだ判断がつかないので、もう少し様子を見ることにしたけど、 昼間は
                      「カチカチしちゃだめっ」
                      っつって口に指をいれることにしてみた。 なぜか指入れられると笑うんだけども・・
                      わかってんのかよお、ヲイ。


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
                      子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
                      薗部 容子
                      爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
                      recommend
                      目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
                      目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
                      五味 常明
                      過剰な気遣いは禁物!
                      でも必要な気遣いはすべし。
                      男の子はある意味とても
                      デリケートなのだっ、という教訓。
                      recommend
                      ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
                      ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
                      リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
                      6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
                      そのメリットと効果が理解出来る一冊。
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM