スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    テレビもない、カーテンもない、おらの家には何もねー

    0

      さて、無事新居に引越してみたものの まだカーテンもなく、リビングはかなり寒い。 下手に吹き抜けていたりするものだから 暖気は全部ロフトに行ってしまって とても寒い寒い生活なのだ。

      賃貸じゃないからちゃんとしたカーテン選ぼう、と 慎重になるあまり、「部屋のイメージをきちんと つかんでからじゃないと・・」とカーテンの 発注はのびのびに。 昨日やっと憧れの木製レールを夫につけてもらって とりあえずは昔のカーテンで寒さしのぎ中・・・。

      そして、、リビングといえば、必ずあるもの、 そう、テレビもないのだ。 この機に大きなテレビ!を買おうということで 今しばらくリビングではテレビ無しの生活。

      しかし、そもそも、この家、駅から近いという恵まれた立地は いいのだけど、線路が近く、電波障害地域。 アンテナをひかないとテレビが見られない。 でもそのアンテナっていうのが、ちょっと事情あって 工事の発注が遅れてしまった。 そんなこんなでせっかく備え付けのお風呂テレビも 見られないし、持って来たテレビも見られない。 なので、リビングのみならず、引越し以来テレビを見ていない。 おかげですっかりニュースにうとくなってることだろう。

      夫も私も引越しの疲れもあってこの数日は10時ごろになると 眠くなってしまい、11時〜12時には一家そろって就寝。 なんて健康的生活。無ければいけないものではないし、 これもまたいいかもしれない。

      無いものといえば、家の顔ともいえる表札。 これもまだ未発注。 家は完成しているけれど、まだまだ生活スタイルは 未確立。今しばらく時間もお金もかかりそうだ。

      引越し無事完了・・しかし、まだまだ箱の山

      0

        年末、夫の休みと同時に荷造りも本格化し、 そして年明け4日、ついに、お引越し決行! ということで、晴れて一戸建ての住人になりました。 その代わり、足立区からさらに都落ち(っていっちゃぁ失礼だが) して埼玉県民になりました。

        荷造りは年末年始の休暇を利用して、 途中実家の母に赤子を見てもらったりして、 大人2人で丸3日、そして荷解きは少しずつ始めて まだまだこれから。 やっとキッチン周りのダンボールをあけたところ。

        しかし、引越しがこの時期じゃなかったら 絶対お任せパックにしなければやってられなかったな。 特に、狭い家で大きな家具を少しずつ移動させながら ダンボールの場所、赤子の遊び場所を確保しながらの 荷造りはかなりの労働だった。。。

        荷解きは広い家だから邪魔なものはとりあえず 物置部屋(すでに物置になっているかわいそうな和室・・)に 置いて・・とすればまぁいいからカナリ楽だ。

        今までの単身の引越しとまるで違うんだ、引越しって大変だわ、 って痛感。おかげで銀行やら各種の住所変更作業なんて 何もやっちゃぁいない。免許もまだ。住民票を動かしてから 下手したら1ヶ月たっちゃうんじゃないか?!

        そして、これからはご近所づきあいも始まり、 さっそく「隣組」のルールを教えてもらった。 ゴミの曜日、出し方、ゴミ当番、そして町会費・・ 賃貸で「いずれ引っ越す」わけじゃないからきちんとしておかないと。。


        夢のマイホーム(?)ついにゲット!

        0

          昨日は朝から銀行にて、「引渡の儀式」を行い、 ついに新居の鍵をゲット! その足で新居に向かい、ガスの開通立会い。 引越までまだ日があるので、とりあえず ブレーカーを落としてまたこの狭い我が家に 舞い戻ってまいりました。

          正直、うちはマイホーム購入を夢見てこつこつ貯金して・・ という生活ではなかったので 「ついに!」という感じではないのだけど、 ここにこれから数十年住むのか、と思うと なんだか気が引き締まるというか、 私もようやく安住の地に落ち着くことになったか、 という思いやら、ローンこれから頑張らなければ、 という思いやら、大きな節目になるには違いないでしょう。

          しかし、一戸建てなせいか、新居寒かった。 フローリングっつうのはこうも冷たいものか、と 実感。外と変わらない寒さに加え、足からシンシンと 冷えてくる。風邪気味の王子にはそんな床を 這わせてしまったけれど、お熱出しませんように。 新居でも唯一1部屋だけある和室は畳なのでちょっとは暖かい。 和室って絨毯もいらなければ、カーテンもいらない 先人の知恵ってすごいよね。 今更ながらニッポンのインテリアって機能的で よくできているものだわ、と変に関心してしまった。

          でもやっぱり戸建ってマンションとは違うんだわ。 今のボロ賃貸もフローリングだけど暖房がなくても あそこまで冷たい床になることはないし、、 マンションもそういう意味では悪くないのかも。 暖房器具は真っ先に買わねば。。


          ご挨拶まわり、そして粗大ごみ

          0

            明日、いよいよ新しいおうちが我らのものに!!!!

            それに先立ち、

            先日の内覧会でチェックした修正事項、 クロスのはがれやら傷の修復やら、を立会い確認し、 ご近所に挨拶まわり。 向こう3軒・・・とはいうももの、 袋小路な土地なので、うち以外の7軒様と 裏のお宅の計8軒にご挨拶。 ま、これから十年以上の付き合いになるのだから 仕方ないね。

            向かい側は割りと古めのお宅でお子様方は いらっしゃらないようだけど、うちの並びは 同じ分譲のお仲間なので、比較的若い世代のようだ。 特にお隣さんには王子と同じ0歳児がいたので ちょっと心強い。

            そして、ご近所確認が終わったところで、 今の一番の気がかりは、、 粗大ごみの処理。 いくつか大きいものを捨てたいのだが、、 タダで捨てるには足立区のセンターに持ち込む必要があり、 そうでなければ
            ・粗大ごみ回収屋に頼んでもっていってもらう
            ・引越先で改めて処理を検討
            (オークション/ゴミ・・)
            なんだけど、回収屋に値段を聞いてびっくり。 引越代節約した意味が無いーーーー、っていう値段。

            さすがに自転車やウッドカーペットはうちの軽自動車では 持ち込めないかな〜なんて思っていたけど、、 そんな値段で業者にたのむなら オークションで1円で売ったほうがマシ。 で、あわててオークションに出品してもみたけど、 はて、どうなることやら。。

            新居であれもコレも欲しい欲しい!っておもうけど、 これから物を買うときには再販可能かどうか、、 捨てるときのことも考えて買わねば、だわ。


            一歩一歩進んでます

            0

              銀行にて金消契約が終了。 「金消」っていうのは、正式には 金銭消費契約とかなんとかっていうらしいけど (お金使うので貸してください、ってことを 熟語で書くとそうなるわけね、と妙に納得)、 これまたなんだか非効率なニッポンらしい形式で 行われた。

              まず、ローンの申込書。
              そして固定金利にします、という同意書。
              そしてローンの担保として家を抵当にいれます、という承諾書、
              ・・とそんな感じの契約書に、やたらと住所と名前と押印を 要求される。 事前に住所も名前も分かってんだから、 印字してくれて押印か、サインをちゃっちゃと書いて済ませるように してもらえないんだろうか。

              しかも、ローンを依頼する支店で、預金通帳を作らされるのだけれど、 通帳開設の窓口は一般の窓口の処理として行われるので、 通帳を作った粗品としてポケティが一つ付いてきた。
              ってよぉ、、、ウン千万のお買い物してやって、 ティッシュ一個かよぉぉぉ。
              しかーも、その銀行、駐車場がコインパーク形式になっており、 基本的には銀行の用事が済んだ時点で料金サービス処理を してくれるんだけど、なんとなんと、それのMAXが2時間だとかで、 2時間オーバーで200円払わされたのだ!!!

              まぢかよぉぉぉぉ。
              銀行なんて偉そうに、どんだけ傲慢な商売しとんねんって 感じよねぇ。

              はぁ、まったく、世の中分からないことだらけだわ。

              そして、引越屋の選定の話。
              結局5社呼んで、最後の駄目押しで呼んだ5社目が 1番大手で1番安値を提示してきたので(もちろんお互いの 値段は極秘にして、同じ条件にした)、結局そこに決定。 冷蔵庫も結局4社が「クレーン」を勧めてきたので、 万全を期すためにクレーンを利用することに。 そして、梱包は予算の関係上自分で行うことに・・。
              年末年始頑張ってやるぞー。


              お引越しプロジェクト始動

              0

                まだローンの本契約も終わっていないが、 順調に行けば今月27日が引渡し日・・の予定。

                売主も今年の売上に上げたがっていたし、 うちもローンの控除を受けるために 今年中に事を終わらせておいたほうが得だし、 双方がWinWinなので、たぶん順調に進めるでしょう。

                と、いう想定のもと、 とりあえず引越し屋の見積もり開始! とりあえずWebの一括見積もりをやってみたところ、 メールがガンガンくるわくるわ。 そして何度も何度も 「その後どうですか」と追い討ちメールをしつこく 送ってくる業者もいる。どの業者もメールの見積もりは 大まかなことしか書いてこないし、「詳しくはご訪問させていただきたい」の 一点張り。Web上でも結構面倒な入力したつもりなのに、 それでも概算しか出ないんじゃ、意味ないじゃーーーーんっ。

                しかも、「乳児がいるのでメールにてご連絡を」 と書いているにも関わらず、無言電話が突然増えて、 「電話をしてしまってすみません」と、 メールで書いてくる業者もいた。 (そんなのは即効OUT!)

                ちなみに、前記事に書いた不動産屋の使えない営業も、 うちによく無言電話かけてくる。その後すぐに私の携帯の 電話が鳴るので、「あ、あいつだ」とすぐわかる。 ったく。ビジネスの電話なら用件くらいふきこめよ。。 (<=おっとまた奴の愚痴になってしまう)

                一応メールだけでは訳がわからんので、メールの文面や 価格がよさゲだった4社と、お友達から紹介された1社の計5社(取りすぎ?!) に訪問見積もりを依頼した。

                そしてさっそく今日までで3社が終了。 3社とも似たような金額だけど、3トン車作業員3人で だいたい8,9万くらい。 思っていたより高いんだ。こんな値段じゃ「お任せ」なんて できねーっ。 同時期に同じ様な距離のお引越しをするお友達は、 お任せしないで6万くらい、お任せパックで 9万くらいっていっていたけど、 うちは
                「エアコン1台の脱着」=1万と、
                「新居のリビングが2F」=1〜2万(冷蔵庫のクレーン上げ)、
                という条件が響いたらしい。。

                その冷蔵庫、業者によって若干言い分が違う。 うちの間取り図と冷蔵庫の大きさを見て、
                「階段は通れませんのでクレーン利用です」
                と言われたり、
                「これくらいなら階段で大丈夫だと思います」
                と言われたり・・。
                今のところ3社中2社がクレーン利用、1社が階段、または 紐吊り利用。
                クレーンを利用しないで吊り上げると、最後はバルコニーの 手すり部分をテコにして入れるため、 手すりも傷がつくし、冷蔵庫自体も壊れる確率が大なのだそうだ。 万全を期すならクレーン、でも1,2万でも節約したいのも 正直なところだし、、さて、残り2社はどうでるか!! 5社出揃ってから判断するか。


                使えない営業・・競争力のない社会・・

                0

                  住宅ローンの仮審査が通ったということで、 いよいよこれから銀行に本申込みを行い、 あと2週間もしないうちに引渡・・早いもんだ。 なんだかんだで文句言いながらも5年も住んだ足立区、 なんとなく悲しいなぁ・・。

                  しかーし、人生前を向いて進むのみ。 これから引越し屋の見積、ライフラインの移転手続き、 など、本申込みの審査を待ちつつもある程度は 同時進行。そしてたぶん、引越しは年始早々、、忙しい忙しい。

                  一生に一度の大きなお買い物、とても緊張する。 が、しかし、今回のこの購入については、いろいろと イラつくことが多い。。でもって、今日はちょっと愚痴。 まずは、我々を担当する不動産屋の営業。 (さりげなく、担当を変えて欲しい旨を 伝えたつもりだったのだけれど、伝わらなかったらしく、、) 的外れな答え、要領の悪い手配、気が利かない応答、 こんな仲介屋に手数料100万もとられるかと思うと 本当に納得いかない。 不動産屋によって、または営業によって、 サービスレベルが違うのに、一律物件価格の「3%+6万」の 仲介手数料なんて資本主義らしくないルールだよな。 情報料にしては高すぎるし、サービス料が入るにしても 納得いかない。100万の働きなんてどう考えたって してない。特に私達の担当営業は ローンの手続きやらスケジューリングについても、 物件の詳細手配にしても何の役にも立たず、結局 何もかも自分達で調べてるわけで・・なんでなんで、 それなのに奴の報酬として100万も・・・。

                  うー、ここにも護送船団方式の業界見つけたり。 もっと能力主義社会にしましょうよ、全体的にさ。。

                  で、もう一つ能力主義といえば、司法書士の費用。
                  土地の所有者が変更になりました、という登録、
                  新しい建物ができたという登録、
                  そしてその所有者がこの人ですよ、という登録、
                  そんなことにいちいち税金がかかるわけですねぇ、 そのこと自体にも「なんでやねんっ!」な気分なんだけど、 さらに、その申請を代行してくれるありがたい職業が 「司法書士さん」ということらしいのだ。 1度もお世話になったこと無いけど、これがまた 不透明な報酬額で、さっぱりその基準がわかりゃしない。 ま、事務手数料的なところなんだろうけど、 その登録にかかる税金以上の報酬が見積に出てきてびっくり。 しかも、この業界、H15年までは「報酬基準額」っていうのが 設けられていたらしいんだけど、こちらはその基準が 現在では廃止になっており、現時点ではその報酬額は 各司法書士任せ、らしい。 っていうかぁ・・こういうのこそ、お決まりの書類作って 出すだけなんだから、護送船団でよかろうに。。 なんて思ってしまうのは、私の感覚がおかしいんでしょうか。

                  ま、世の中いろいろと納得がいかなかったり 不透明だったり、その、大人の世界ってのは なかなか難しいですなぁ。。

                  ついに!

                  0

                    マイホーム購入がほぼ決まった。 ローンの事前審査を通過、これからいろいろ作業 てんこ盛り。

                    まだ子供も一人目、私の復職計画も不透明。 こんな状態で買っていいのかと、今更ながら、 思ってみたり、 小さい頃から転々と住みかを変えてきたワタクシ、 これから30年以上同じ場所に住んで飽きないかしら・・ と、変な不安もあったりするけれど、 これからいよいよ新しい生活、広いお風呂、 広いリビング、楽しみだわ〜

                    買ったのは結局建売になっちゃったけど、 外溝工事がまだ終わっていなかったから 若干の希望を聞いてもらうことができた。 そんなこんなの打ち合わせから、 引渡前の最終チェックへの第三者同行の手配、 (まさに、世間を騒がせているニュースのおかげで 躊躇せず、専門家に同行を依頼することにした) ローンの検討、必要書類の取り寄せ・・などなど。 主婦として、全力投球で仕事してますです。。

                    これからは引越し屋の選定、ローン申込み、 公共料金やらもろもろの住所変更の手続き、 荷造り・・などなど。 新年早々に引越しになりそうなので、 忙しくなりそうだ。リース


                    永住の地

                    0
                      永住の地の決断を下してしまった。 しかしまだ不確定なり。。 どうなるかっ。

                      決めちゃう?!どうする?!

                      0

                        やヴぁい。 注文住宅あれやこれやと夢みていたのに、 いきなり好条件の新築物件の紹介。

                        値段もまぁまぁ妥協の範囲内。 なんといっても駅から近く、広さは希望通り。 えーーー決めちゃう決めちゃう?!どうしよどうしよ。 いざとなると尻込みする小市民夫婦・・。

                        だってだって決めちゃったら一気に 数千万の借金ですからね。どきどき・・


                        calendar
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recent trackback
                        recommend
                        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
                        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
                        薗部 容子
                        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
                        recommend
                        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
                        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
                        五味 常明
                        過剰な気遣いは禁物!
                        でも必要な気遣いはすべし。
                        男の子はある意味とても
                        デリケートなのだっ、という教訓。
                        recommend
                        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
                        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
                        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
                        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
                        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM