スポンサーサイト

0
    • 2013.02.12 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    「小学生男子のトリセツ」

    0
      JUGEMテーマ:育児
       
      この本、気になる。

      やっぱ絵がかけるっていいよな〜。
      うちだって男児二人、毎日あふれるほど笑える(私も彼らもシンケンだけど)事あるんだぞ〜
      っつか家庭の数だけ子供エピソードってあるだろうけど
      それを絵に起こせる人ってなかなかいないよね。

      あたしも絵がかければ
      イライラしたり本気でむかつく毎日が笑って過ごせるのかしらん。

      絵心があるってのはつくづくうらやましい・・。

      こういう本図書館で買ってくれんのかな。。

      悪党

      0
        「 悪党ー小沢一郎に仕えて」を読んだ。
        図書館で数十人待ち・・。
        レビューに引かれて手に取ったけど、私の感想。「ふぅん」

        この本を読んで小沢一郎の見方が変わったとか、
        この作者も素顔の彼を知ってほしいとの思いから書いたのだろうが、
        やっぱり何を言われようとも、結局は権力者なだけであってリーダーではないんだと思えてしまう。
        今の日本、先行き暗いこの日本を築いてきた数十年の間、政治の中枢に身をおいた人物・・だ。
        やっぱり信用ならない。

        どんなきれい事考えているのか知らないけど、
        所詮はこんな日本にしてきた戦犯の一人じゃないのか。
        っていう固定観念が強すぎたのか、政治について私が素人すぎるせいなのか、
        私にとってはテレビから見て感じる小沢一郎という人物と、
        この本を読んだ人物像とさほど乖離はしていなかったわけで。

        さほどの驚きも発見も無い本でした。
        ただ、非常に読みやすい言葉で、素人でも難なく読める点は好評価!







        小二男児

        0
          JUGEMテーマ:育児

          念願だった(私が)スイミングに通わせ始めた。

          3時過ぎに帰宅、一人で鍵を開ける、おやつ食べる、宿題する、
          時計を見て4時過ぎにバスが来るまで自由時間。
          小学男児なもんで、いろいろと心配がある。
          だから今まで何も習わせられなかったわけなので・・。
          まず、
          心配ポイントその1:鍵を持ったまま学校生活を過ごさせる事
          (なくしたり、はずれたり・・)
          心配ポイントその2:帰宅後に時計を見ながら行動できるかどうか
          (時間余ったからテレビみたり、本読んだりしていつの間にか時間が過ぎていた・・とか)
          経済的には割高なバスってのもいやなんだけど、車にひかれたりしたら
          洒落にならないからこれは安全を金で買うことにした。

          かぎの件はがっちりズボンにくっつけて、ポケットから決して出さない事を約束させた。
          時計の件は、初日だけ実家のじぃじに監督してもらうことにした。
          時間きっちりに家を出てバスに乗るまで見てもらえたので
          今日は安心。

          スイミングではついてすぐ
          「初めてなんですけど・・」と受付の人に言えたようで、
          最初の説明も一応一人で聞いて理解したらしい。
          「泳げた?」と聞くと
          「うん、もう慣れた」・・って。
          興奮気味に話す息子。
          緊張の半日を自分で乗り切ったということで自信がついたみたいだ。

          今日はよかったけど、来週からは一人でやるのだ。
          母も仕事しながら時計みてドギマギしていたけど、、
          来週以降、しばらく母の緊張は続く・・。

          こうやってすこーしずつ、緊張を乗り越え自信をつけ・・と繰り返して
          自立していくのね。
          たくましいやら寂しいやらうれしいやら。

          そして取り残された弟は少し寂しそう。
          来年になったら兄ちゃんが一緒に面倒見て連れて行ってくれるかな〜。
           

          PTAは任意団体であることを周知徹底してほしい

          0
            JUGEMテーマ:PTA役員・委員会

            あたまにきたので、書きます。極力感情を抑えて・・(できるかな)遠吠えします。
            弱犬なもんで、ここでこっそり・・とはいえ、、同じ意見を持つ人を発掘したい気持ちもあり。

            息子、今年から小学校二年になりました。
            今日は年度始めの授業参観。そしてそれにかこつけて(どちらが便乗しているのかわからないけど)
            今年度の役決め。
            参観が終わると保護者はホールに移動、そこでPTA会長さまからの説明を受ける。
            去年の4月と同じ流れ。
            そして同じ会長から同じ講話。
            子供の教育には積極的にかかわってみんなで育てていきましょう、というスタンスのもと、
            役員をみなさんに持ち回りでやってほしい、と。
            >はい、積極的にやりたくはないけど、理解しました。

            お子さん一人につき、卒業までに1度。
            >はい、これも理解しましたよ。

            今年はこれに2点、問題発言(行動)と思われる上乗せがあった。
            ・運よく(!)6年間役員を免れた人がまれにいる、そういう人に対して、「ずるい」という声があるので
            今年からそのような人を対象に別途役割を設けますので(「6年間役員やってません」という人だけをよせ集めた委員会)、必ず全員になんらかの仕事をしてもらう。
            ・中学に兄弟がいて、そちらで役員を引き受けている場合には小学校との掛け持ちは不可にした。中学から役員名簿を取り寄せるので「役員をやっている」と嘘ついている場合は、ばれます。

            これはちょっと理解しかねる。
            どうしてそこまでして全員の親に役員をやらせたがるのか。
            6年間まぬがれたひとにあえていらない仕事をつくって役をやらせる必要性は?「ずるい」の声に
            答えるためだけに?!

            6年生は別途、卒対という役割もある。これは役員経験にはカウントされないそうで。
            そして、中学の役員名簿とつきあわせて「うそつき」をあばきますよ、という脅迫。
            恐怖政治としか思えない。

            というかね、子育てに参加したくないなんて、思ってない。
            大変だけど月1回まわってくる朝の交差点での見送り当番だって面倒だけど反対じゃない。
            それはやっぱり自分の子の横断を毎日見てくれる人がいたら安心だし、
            自分の子にやってもらえるならそれはお互い様だと思うから。

            役員だって交代制で●●をやりましょう、というなら文句無いけど、
            見送り当番と違って、月1度朝の10分ってわけにいかない。
            平日真昼間、場合によっては終日、活動に費やす日も多々あるようで、
            時間の融通がきかない、それでいて
             「仕事、介護、妊娠、育児、母子家庭、その他もろもろは、役員を免除される理由になりません」ともいう。
            そこまで強制力があるものなのか。

            うちの場合、少ない有給で子供二人の行事をすべてまかなったら有給は足りない、
            病欠でも何日かは必ず休むし、優先順位からしたら
            役員活動に費やす分は余らない。それでもやれというなら
            減給、つまり費用を払ってまで役員をしなければならない、ということになる。
            義務教育を受けるのに、そこまでしなければならないのか。

            で、最近朝日新聞の記事にPTAは実は任意加入だという記事が掲載された。
            元ネタは探せなかったが、Wikiにもある。
             http://ja.wikipedia.org/wiki/PTA

            でも実際のところ、任意加入であることを意識している人がどのくらいいるか。
            あたかも「当たり前」として会費を払わされ、みなが(たいていは母親)いつ、何の役員を引き受けようかと戦々恐々としているのではないか。

            特にフルタイムで働く身としては平日は使えない。
            週末ならとも思うが、それがゆるされるほど甘くないんじゃないかとおもわれる。
            なぜなら女性の社会進出が進んだとはいえ、まだまだフルタイムで働いている母親は
            人数からいったらかなりの劣勢だ。
            平日に都合がつく人が多々、という状況で仕事を理由に都合をつけないということへの
            理解がえられるのかどうか。またそれは「ずるい」につながるのではないかと
            保育所出身者としては恐れるのである。

            何はともあれ、ここまで脅されると、不快でもあり、そもそも論に立ち返って
            その存在意義を考えざるを得ない。
            元来、任意加入であること!これがすべて。脅迫され、コストもかかり、
            負担も大きい役員活動であるならば、私はそれをのぞまない。
            貴重な週末も役員活動に費やすくらいなら家族で一緒に過す時間に費やしたいい。
            平日にできない子供とのコミュニケーションを図ることに費やしたい。

            子ども会も同様である。
            何か子供にとって有意義な文化活動なり、スポーツ活動ならばともかく、
            うちの地域の子供会はそこまでの意義を見出せない。
            そこまで活動が多くないので、いまのところ支障はないが、
            それでも役員活動の負荷が大きいならやる意義が無いと思う。

            生活が多様化している今、戦後からスタイルを変えない学校、子供達をとりまく
            「暗黙」の制度は見直しが必要な時期にきているのではないか。
            うもれている声がたくさんあるような気がする。。

            そういう声を集めて大きな声にしていけたら良いなと思ってほえてみました。

            むくんだり

            0
              JUGEMテーマ:日記・一般
              仕事、一日パソコン仕事なので、しかも今の会社、靴脱ぐ会社で、、
              午前中だけで靴がきっつくなる。
              久しぶりにはいたパンプスで靴擦れ。
              はきっぱなしなら擦れないのに、一旦脱ぐと容赦なく膨らんでるんだな、足。

              これって、職務上の健康被害だ・・。
              毎日エコノミー症候群の危険性アリ。
              よろしくないなぁ・・

              小二の男児

              0
                JUGEMテーマ:育児

                長男はこの春二年になった。
                小生意気になってきた。

                男の子ってあほだなぁ〜って日々思うことが多いわけなのだが、
                あほなりに、生意気な言い訳やら、汚い言葉で弟に対して威張ったりするようになってきたわけで・・
                最近はああどうしましょ、本気で「かわいくない・・」と思ったりする。

                そんなに生意気な口たたけるなら下校して一人で留守番してろ、、って思うけど
                まだやっぱりそれは心配なわけで。
                でも今年は(私の)念願のスイミング教室に通わせようかと思っている。

                仕事をしていて一番不憫なのは、習い事の機会を与えられない事。
                下校後、学童直行〜6時。なので、習い事に行かせる暇がない。
                水泳、英語、空手、ピアノ、サッカーとか習い事の話を聞くたびに、
                うちもやらせたい、とずーーーっと思っていた。
                でも貴重な週末の二日間をつぶすのはちょっと抵抗があるし・・と
                何も習わせられずに7歳を迎えてしまったのだ。

                私自身は小さい時からピアノをやっていたし、低学年ではなぎなたや体操も経験した、
                水泳もちょこっと、その都度家庭の事情で中断せざるをえなくって、
                続けたかったのに結局長く続けられたものがない。
                不可抗力だから仕方が無いけど、あの時やらせてもらえてれば、
                今でも趣味としてスポーツをたしなむ習慣がついていたかも・・とか思う。

                だから、何か特技や趣味につなげてやりたい、
                がんばれるものを授けてやりたいという気がするのだ。

                とりあえず学校の近くにある水泳教室かな〜ということではあるのだが、
                送迎ができないから、バスも頼むか・・・とすると結局月謝1万くらいになっちゃうのかな。

                最近ズボンや靴の擦り切れ率もすさまじいし、いろいろ金がかかる・・。

                でも満を持して、そろそろ腰をあげるか。

                 

                原発

                0
                  JUGEMテーマ:日記・一般
                   
                  ひっさびさ。
                  もう消されてるかと思ったら、、変な広告が入れられたりして、
                  まだ2年前の記事のまま(笑
                  こんな風にゴミブログ処理しないから世界中のサーバーは
                  パンクしてどんどんサーバやらデータセンターやら、消費電力が無駄に消費されることになるわけだ。

                  ネット上の資源だってやっぱり資源なんだから、更新ないのは
                  とっとと消してくれていいのに・・・。と、更新さぼっていたのを言い訳に
                  逆切れめいたコメント。

                  最近毒を吐き出していないせいか、ちょっといろいろ欲求不満。
                  でもここまで三日坊主が続くと、もはやブログを続ける自信もないので
                  そこそこに無理せず吐き出していこうかなと。。

                  すっかり誰にもROMされてもいないと思うけどこっそり更新してみる。

                  最近、これだけはこの場を借りてお勧めしたい。
                  「原発ジプシー」
                  (アフェリエイトのやり方も忘れてるし、、ただのリンク)

                  ノンフィクションライターの人が30年前に30歳位の時に、
                  身分を伏せて原発の定期点検現場に乗り込んだ記録。
                  壮絶です。
                  原発に縁はありませんが、小出しにされるニュースを聞くにつれ、
                  現状あまり変わっていないのではないかと推察してしまう。
                  以前、東海事故があって、被爆者の人の無くなるまでの病院での記録を
                  テレビのドキュメンタリーでみた。
                  恐ろしかった。でも汚染水を素手で扱うオペレーションが普通に行われていた、
                  というような話だったような気もする。
                  「管理がずさん」という事が原因。
                  原発は日本に何箇所もある。
                  そのすべてで定期点検が必要にもかかわらず、点検口がきちんと設けられていなかったり、
                  不便な体制、被爆を防ぐに不十分な装備で作業者の方は点検に当たる。
                  それも、東電の社員様ではなく、下請けの下請けの・・日雇いや季節労働者という
                  立場の方々がほとんど。
                  広島で被爆した人数よりも多くの人数が現在の原発を動かすための作業で
                  被爆をしているのではないかといわれている事実。
                  こんなむなしい話があるのか。
                  なぜこんな状況が許されているのか。
                  日本は唯一の被爆国として、「被爆」というものの対しては
                  他国より人一倍神経質に、厳格に、慎重に、保守的にならなければならないのではないのか。

                  震災後の一連の有事に対する対応のトロさ、無能な政策にも頭にくるが、
                  この放射能問題については怒りだけでは済まされない。
                  日本国民全体の健康被害、ひいては世界中に被害をもたらす事でもあるのだ。

                  電力がここまで消費量を増やせたのは原発のおかげ、といいたいのかもしれないが、
                  私は今の日本は電気を使いすぎだと思うし、健康被害や外国に迷惑をかけてまで
                  この贅沢な暮らしを維持したいとは思わない。

                  数年後、被爆の症状が多数表れたところで、因果関係は認められないと
                  国が勝訴するに違いないし、敗訴したところで、血税で保障をしていかなければならないわけで、
                  タバコ同様、原発稼動は百害あって一利なし。
                  現在も被爆者を政府が裏金使って口封じしている可能性だって否定できない・・

                  って恐ろしいな。。
                  今も、どれだけの食材が汚染されているのか、わかったもんじゃない。
                  でも私たちはそんなに簡単に移住だの国外逃亡だのってできないわけで、
                  一生懸命声を荒げて、現状の生活が安心して送れるような環境を
                  維持してもらえるようどこかに訴えるしかないのだ。
                  食材だって近場で買わざるを得ないし、子供だって外で遊ばせるし、
                  被爆するかもしれないと思っていたって、この場で日常を送らざるを得ないわけで、
                  その辺がジレンマだ。。

                  でも、とりあえず、何はともあれ、
                  日本に住む者として、
                  「地震や津波で放射性物質が拡散する可能性がゼロではない」のであれば
                  原発稼動はどうしてもやめていただきたい!!と思う。









                  義務教育!タダじゃありません。

                  0
                    憤りネタだとペン(キーボード)が進む。不思議だわぁ・・
                    ということで、小学校ネタ第二弾。

                    先日の「入学前検診」にて、4月に向けて小学一年生が必要な学用品リストが配布された。
                    二重丸は必須購入、一重丸は持っていたほうがよい(もってなくてもいい?)、丸ぽちは家にあればそれでOK(ブランド問わず、でもそのアイテム持参は必須)、という三種類。

                    何にせよ、必須購入は「買いなさい」アイテムなので、2月の説明会にて
                    業者がくるので買わなければいけないそうだ。
                    そしてなぜか、その業者の名前は伏せられ「販売店A」「販売店B」・・と記載されており、
                    それぞれの販売店から買うものは指定されている。

                    算数セットやら連絡帳、お道具箱、ピアニカ・・などなど、うちの場合第一子だし、
                    いきなり1万円の出費。加えておそらく体操着やら指定の上履きやら、
                    2万くらい予算みておいたほうがいいんだろうか。

                    こんな買わされ物があるとは想定していなかった。
                    保育所だと「何センチ X 何センチの巾着」とかその程度の指定だから
                    各家庭がつくるなり、買うなり、どうにかして工面すればそれでOKだった。
                    みんなで使うものが必要な場合でも「家にあればそれでOK、無い人はみんなで一緒に買います」
                    というスタンスで保育所で購入し、後日集金袋で集金というスタイルだったから、
                    「みんな同じメーカーのこの袋をこの販売店から買え!」というスタンスには
                    違和感を覚える。

                    個人的に、、もともと「学校」という組織に嫌悪感を感じているので、多少敏感に反応しているとは
                    思うけども、義務教育ですよ!誰しもが受けられる教育ですよ!
                    でもこれ、買えない人はどうするんでしょう。
                    生活保護世帯には補助がでる、という話も聞くけれど、
                    そうじゃなくてさぁ、義務教育くらい、費用を心配しなくてもいい制度にしませんか?

                    やっぱり「子供手当て」の金はこういう費用に当ててほしい。
                    学校のカリキュラムとして勉強のために必要な道具や、学校生活に必要な備品は
                    学校が用意すべきじゃない?
                    エコ的観点からいっても、兄弟で使いまわせず個人に1つ買わされる「算数セット」は
                    もったいないし、家にある白紙のノートなら何でもいいはずなのに
                    「れんらくちょう」と表紙に書いてあるコク〇のノートじゃなきゃだめ、とか
                    もったいない。

                    いいたいのは2点!

                    用が足せればそれでいい、という考え方をしてほしいのが一点、
                    上履きなども、色を指定する必要はなく、構内ではく室内履きであればそれでいいわけなので
                    保育所や幼稚園で使っているものがまだ使えるなら、それを使わせるべきだ。

                    必要であれば学校費用として極力公費で提供すべき、というのが一点。
                    昔テレビで「学校で使う鉛筆やすべての備品はすべて学校で用意する」を実践している国も見たことある。(お決まりのスウェーデンかデンマークか、その辺だったとおもうけど)
                    保育所だってそうだ。
                    折り紙、鉛筆、すべて備品コーナーにおいてあり、子供は自由にそこから出して遊んでる。


                    それでなくても、ランドセルはなぜか暗黙の了解で買うものと決まっている。
                    (ランドセルは買わされリストには載っていないんだけどね)
                    ランドセルって、これもいつしかの時代、軍隊で利用していたリュックでしょ。
                    こういうものをいまだに慣習にしているのもやめていったらどうでしょう。
                    今は5万前後が相場、、6年間使えるものだけあって
                    頑丈なんだろうけど1年あたり1万円弱でしょ、そんな高価なカバンじゃなくても
                    市販のリュックで駄目な理由はなんでしょう。
                    義務教育を受けさせるのも相当な親の出費が伴うのだ。

                    ケチでいっているわけじゃない、部分部分で、家計の心配をしない生活にしていきませんか、
                    物や金がすべて、と思わなくても済む合理的なやり方にしていかない?
                    っていう提案。
                    世はすでにバブルじゃない、新しいものがベストでもない、
                    金かけりゃいいってもんじゃないわけよ。七五三みたいに
                    母親がきた着物を子供が着る、その孫が着る・・そういうのが
                    暖かいと思われる風習もあるわけだから、
                    教科書だって、歴代の子供たちが使ってきた本・・を学校の備品として
                    使いまわししたっていいはずだ。
                    ピッカピッカの一年生は何も新品で着飾らなくても、子供たちはみんな生き生きして
                    ピッカピカに見えるはず。

                    私もモンスターペアレント予備軍でしょうかね。。
                    (そういえば、小学校の先生、若かったなぁ、もう年下が先生やってる年齢だもんな、、、)

                    入学前診断

                    0
                      またまた滞ってしまった。
                      ネタがないわけじゃないんだけど、ついつい・・。

                      ブログ休職中、月日は流れ・・来年の長男小学校入学に向け
                      「入学前健康診断」というものが実施されるとのことで、来年の入学時の親が召集された。
                      おお、ついにきたか!と、ちょっとわくわく。
                      簡単な面接みたいなもので知能も計られるんだろうか、、とか、
                      どんな子がどんくらい同級生になるんだろうか、とか、
                      年中で幼稚園と保育園に別れてしまった一昨年までのお友達との再会とか
                      ちょっと楽しみだった。

                      反面、憤りもある。(っていうかそっちのほうが大きいから書いているんだけど)
                      なぜ、こういう催しは平日の真昼間なのか。
                      妊娠中の母親学級しかり、どうも「母親=主婦=平日は暇」
                      という前提に基づいている気がしてならない。
                      保育園や学童保育の申し込みは市役所主催だけど、4日間くらい設けられていて、
                      週末も含まれている。
                      当然、働いている人を想定してのこと。
                      役所の職員および保育所の先生たちはもちろん休日出社だろうけど、
                      保育所の利用者(いってみればお客様)は働いていることが前提だから
                      週末も含めざるを得ないだろう。当然のことだ。
                      いまどき免許の更新だって、万人を対象にした役所サービスは大抵
                      郵送なり、週末の対応は当たり前だ。

                      でも、小学校の行事は平日なのだ。
                      日本国籍を持つ子供すべてが受けることができる義務教育、
                      その説明会が月曜日の真昼間、しかもその1日にすべての親の
                      都合を調整させる、この傲慢さ。

                      「子供の日常をよく知る人物が同伴せよ」と指定があったので、
                      子供に同伴した保護者は9割がた母親だ。
                      が、何をしたかといえば、受付後、親子は離れ離れに。
                      子供は上級生が健康診断に連れて行き、
                      母親はその場に残り、
                      2月にある説明会およびそのときに購入が必要な学用品リストの配布、
                      および県の子育てアドバイザーの1時間程度の講義。

                      That's it!
                      え”?!
                      月曜の真昼間、よびだしておいて、紙配るのと講義1時間、ってそれだけ?!
                      子供の面接も無し?へ?

                      紙は郵送で配布にするなり、検診は身近な指定医院で受けさせるとか、
                      いろいろな保護者がいるということに対してもう少し配慮がないものか。
                      そしてまた2月の平日に召集され、入学式に向けての説明会と
                      学用品購入会が開催されるとのこと。
                      これもその日1日だけ。
                      もう・・これもそうだよ、説明会だったら2日位予備日を設けてほしい。
                      文具の購入だって、・・・
                      と、これについては次のネタにて。





                      結局のところ、ストレス弱者なんだな。

                      0
                        最近、同じ世代の芸能人がダイエットを決心した!なんてニュースが
                        気になる。
                        梅宮アンナとか、この前出てたブル中野とか(同じ世代?!)
                        芸能人だけじゃなくて、身近な人も、この年齢に来て、一念発起、なんてのも。

                        私もそうだなぁ、
                        20年ものの太ももと下っ腹、本気で体型改善がんばろっかなぁ
                        と、、5分程度のストレッチだけ、何とか数ヶ月続いてる。
                        多少やわらかくなったものの、ストレッチとか柔軟でやせることはなく、
                        体の中の何がどうかわったのやら、はたまた何も変わっていないのか・・・

                        で、いよいよ食べるものも改善、減量・・ということで
                        極力、気持ち的にセーブしようと思ってはいるものの
                        ちょっとした日常の出来事で簡単にストッパーがはずれてしまう。
                        今日も、、次男の発熱で久々に呼び出され、出社後1時間で退社、
                        その後自宅に引き取り、寝かしつけた後、
                        「はぁ〜」と、お菓子に手が伸びる。
                        それは自分への慰めのつもりで、手を伸ばすわけなんだけど
                        「その辺でやめておけ」という自分が弱すぎて、
                        ガツガツガツガツ・・・・・・・・・
                        やっちまいました。
                        猛烈後悔。

                        自分にあますぎるんです、結局のところ。
                        ちょっとしたストレスに弱すぎるんです・・
                        そういう精神構造から改革が必要なんだろうな〜
                        でもこれは、育ちがそうさせたわけで、なかなかねぇ・・
                        と言い訳してしまう自分がまたいて、
                        こういうことも含めて、ダイエットってのは非常に難しい課題です。


                        calendar
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recent trackback
                        recommend
                        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
                        子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス (JUGEMレビュー »)
                        薗部 容子
                        爆笑あり、考えさせられるものあり、ニッポンのママさんのすべての賛同を得られること間違いなし!子育てしやすい社会は、女性を取り巻く環境だけの問題ではないのだ!ニッポンを変えたい!!!、という気になる1冊。
                        recommend
                        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし
                        目からウロコの「男の子」育て―“性長”なくして“成長”なし (JUGEMレビュー »)
                        五味 常明
                        過剰な気遣いは禁物!
                        でも必要な気遣いはすべし。
                        男の子はある意味とても
                        デリケートなのだっ、という教訓。
                        recommend
                        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法
                        ベビーサイン―まだ話せない赤ちゃんと話す方法 (JUGEMレビュー »)
                        リンダ アクレドロ, スーザン グッドウィン, Linda P. Acredolo, Susan W. Goodwyn, たきざわ あき, 小沢 エリサ・ヒライ
                        6ヶ月になったら始めよう。(といいつつ、まだ未開始です)
                        そのメリットと効果が理解出来る一冊。
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM